IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Feb.2019
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.070105秒
こんにちは。

今週は藤本が担当いたします。



皆様体調・花粉症はいかがでしょうか。

今年は花粉の量が例年より多いとの情報で

既にビビっています。



さて、確定申告もいよいよ終盤ですね。

資料がまだの方、すべて揃っておられなくても結構です。

一部のみでもご提供いただければと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。





確定申告の時期ですので

本日は確定申告ネタです。



皆様青色申告はご存知でしょうか。

弊社で関与させていただいております

ほとんどの事業主様が青色申告で処理させていただいています。



青色申告の大きな得点の一つが特別控除です。

(他にも色々特典はあります。)



特別控除の金額は2種類あります。



 ①簡易帳簿の場合…10万円

 ②複式簿記の場合…65万円



読んで字のごとくですが

②は複雑な帳面を付けなくてはなりません。

その分特典が大きいです。



また、②は事業として商いを行っていることが

前提となりますので

不動産賃貸業で商いといえない規模の場合(一般的に5棟又は10室未満の賃貸)は

複式簿記で処理を行っていたとしても①の10万円控除しか

認められません。



特別控除にご興味がおありの方は

弊社担当者までお問い合わせの程

よろしくお願い申し上げます。



今回はこの辺で失礼いたします。




【文責:藤本】

確定申告の真っただ中にもかかわらず痛風になってしまいました。
風が吹いても痛いから「痛風」というらしいですが、風が吹かなくても痛いです。
っていうか生きているだけで痛いです。
確定申告が終わったら有酸素運動をして、ストレスを軽減して、痛風から距離をおきたいと思っている梅川です。



前々々回は「ドリームプラスでは金融機関報告を開催します」ということでした。
 前回のBlogをチェックするにはここをクリック

前々回は「なぜ金融機関報告を開催するのか」でした。
 前回のBlogをチェックするにはここをクリック

前回は「金融機関報告書の詳細 その3」でした。
 前回のBlogをチェックするにはここをクリック



金融機関報告で使う資料はこれでした。


【提出資料が正しいことを保証するための資料】
■記帳適時性証明書
■中小会計要領チェックリスト
■書面添付(税理士法第33条の2第1項に規定する添付書面)

【未来を語る資料】
■金融機関報告書
■翌期予算書

【過去を説明する資料】
■金融機関報告書
■ローカルベンチマーク
■決算書(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表)
■受信通知(電子申告受付結果)
■法人税申告書
■勘定科目内訳明細書
■法人事業概況説明書



■金融機関報告書

金融機関は普段から元帳を見ていないのでいきなり決算書・予算書を見ても
  なぜそのような決算値になったのか?
  その経費は一過性のものなのか?継続的なものなのか?
  その予算値になったのは前期となにが異なっていたのか?
が分からないです。
そのための補足資料(口頭ではなく資料を準備する理由は前回Blogを参照)です。



■翌期予算書

翌期の予算を、科目別・月別に分解して作成します。
売上も前期比○%ではなく、主要取引先を並べて、今後どのお客さん
どの商品に注力すべきかを検討します。

売上を向上させるためには経費も必要です。人員増強も必要です。
人が増えれば研修も必要ですし、車や携帯・備品も追加になります。



■ローカルベンチマーク

過去のBlogを参考にしてください。
  ローカルベンチマークのBlogをチェックするにはここをクリック



■決算書(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表)
■受信通知(電子申告受付結果)
■法人税申告書
■勘定科目内訳明細書
■法人事業概況説明書


申告書・決算書ですので、誰でも提出していると思います。

ただ金融機関的には税務署に提出したものと同様であるか心配があると思います。
そのためにTKCモニタリング情報サービスがあります。
電子申告と同時に税務署と同じ資料がデジタルで届くきます。
金融機関向けに加工していないという信頼性とともに提出したという履歴もちゃんと残ります。

  TKCモニタリング情報サービスのBlogをチェックするにはここをクリック



経営者の方々、金融機関の方々で実際にサンプルを見て
どんなものか詳細を知りたいという方がおられましたら
ドリームプラスまでお気軽にお問い合わせください。
梅川が訪問して説明させていただきたいと思います。



【文責 : 梅川 大輔】
はじめまして



税理士法人ドリームプラスの田中 駿也(たなか しゅんや)と申します。

ドリームプラスに入社してまだ1ヶ月の新入社員です。



ドリームプラスに入社する前は

テレビ関係のお仕事をしておりました(簡単なものであれば、編集などもできます☆)

自分はまだ22歳ですが、最近では体力の衰えを感じております。


階段を登ればしんどいですし、もう学生の頃の様には走れません。笑

しかし!日々、大変ですけれどもドリームプラスでは先輩方が丁寧に教えて下さるので、自分なり頑張っています!

1日でも早く知識を身につけ、皆様のお力になれたら良いと考えています。



何か不安に感じたこと、疑問に感じた事があれば気軽にお問い合わせ下さい。



今回はこのあたりで失礼させていただきます。

今後ともよろしくお願い致します。


【文責 : 田中 駿也】

youtubeで動画をみることがよくあるのですが、
最近、動画をみていると、ライブドアの堀江元社長が下記のような趣旨のことを言っていました。


・自分は空き時間はすべて、スマホで情報収集することにあてている。
・未来には絶対的な未来と、相対的な未来がある。
 絶対的な未来には行くことはできないが、
 情報収集することで相対的な未来を知ることができる。
・相対的な未来を知ることができれば、
 その分だけ、他者より競争上、優位に立つことができる。
・やる前から勝っているようなもの。
・だから、情報収集は重要。


このような観点で情報収集していたことがなかったので、
びっくりしました。


情報収集にお役立ていただければ幸いです。


【文責 : 黒田 浩之】