IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Aug.2017
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.117667秒
こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。


生後半年のハーフバースディを迎えた下の子が

ずりばい・ひじばいで手やひじの皮が剥けているなぁと思ってはいたのですが、

半年で高ばいの境地にまでたどり着いていて驚いています。


高ばいをするのは大抵、8カ月程度のようですが、

半年は早すぎるんじゃないか・・・

親離れは早くないように祈っている楠橋です。




さてさて、夏も終わりに差し掛かったと思っていてもまだまだ厚い日は続いています。

脱水症状になりかねないので、しっかりと正しい水分補給をしないといけません。





ご存知でしょうか?



コーヒーは水分補給になりません。

夏のアイスコーヒーが好きな楠橋にはつらい現実です。

カフェインの利尿作用によって飲んだ以上に水分が出て行ってしまう為、補給しにくいのです。



コーヒーは有名かもしれませんが、紅茶やアルコール、栄養ドリンクも。

緑茶やウーロン茶にもカフェインが含まれているものも多いので気をつけないといけません。

まだまだ暑い日は続いていますが、しっかりと水分補給をして夏を乗り切りましょう。

【文責 : 楠橋 歩】

こんにちは。

今週は藤本が担当いたします。

最近は涼しく感じることが多かったのですが
ここ数日また暑くなってますね。

体調にはお気をつけください。


さて、今回はダイエットネタです。


健康診断の結果を胃腸外科の先生に
見せてから早くも半年・・・

5キロやせてから来てくださいといわれていました。

まだいけていません(^0^;)

体重ってなかなか減らないですね。

毎日決めていることは

①体重計に乗る(いつも同じ重さです(笑))
②20分以上歩く
③シックスパッドを毎日使用
 ↑雑賀の影響を受け購入しました
④大同生命提供の健康サポートプログラムによる
 カロリー管理

 https://kenco-support.jp/org/ksp/index.jsp
 (ご興味をお持ちの方はお問い合わせのほどよろしくお願い申し上げます。)



以前お客様のお店に訪問させて頂いた際に
こんな記載を発見しました。




お店情報
https://we-love.net/f0010/

なんと、スンドゥブに含まれるカプサイシンが
体を燃やすと・・・


食、運動、意識で
年末には病院に行けるよう
尽力いたします。

藤本が丸くなったと
感じられた社長がおられましたら
藤本を叱ってください(^^♪

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。



【文責:藤本】
毎日暑くてとろけそうです。
寒いより熱い方が得意なのですが、この天気が後1ヶ月続けば
本当にとけてしまうのではないかと心配している梅川です。



前回は経費には固定費と変動費があるということを確認しました。
 変動費と固定費を前回のBlogで確認するにはここをクリック



では固定費と変動費を分けてなにがうれしいでしょうか?
実は固定費と変動費を区別することで、変動損益計算書というものが作成できます。



【通常の損益計算書】





【変動損益計算書】





通常の損益計算書では売上がいくら増えると
利益がいくら増えるかという計算ができません。
いくら売れば利益がゼロになるかも把握できません。
 → 利益がゼロになる売上高のことを「損益分岐点売上高」といいます。



実際にはこんな表になります。
なんかお勉強っぽいですね。



【損益分岐点売上高分析表】




具体的に見ていきましょう。
ちょっとだけ難しいです。



損益分岐点売上高は利益ゼロですから
   売上 - 変動費 = 固定費
ということになります。

変動損益計算書を使えば売上に対する変動費の割合
(変動費率)が分かるので
   必要な売上 = 固定費 / (1 - 変動費率)
   7,500 = 3,000 / 40%(1 - 6,000/10,000)

となります。



ちょっと検算してみましょう。
  利益ゼロ = 売上高 - 変動費 - 固定費
  利益ゼロ = 7,500 - 7,500 × 60% -3,000

となります。



経営者はこの損益分岐点売上高を把握するのがとても重要です。
これさえわかれば
 ・利益ゼロにするためにはあといくら売上が必要か?
 ・借入金を返済するためにはいくらの年間売上が必要か?
 ・固定費をいくら削減すればいくら売上が少なくてもいいか?
 ・変動費率をいくら改善すれば、利益がいくら増えるか?
 ・売上増と変動費率の改善とどっちに注力すべきか?
    ・
    ・
    ・

こういったことがすべて分かるようになります。


これが分かれば何を頑張れば一番効果があるかを識別して
それを実行するだけです。
(といっても実行するだけが一番大変なのですが。。。)

闇雲に社員にがんばれ!がんばれ!というより
会社の方針を決めて、どう行動すればいいかを説明することが重要です。



またちゃんとした数値が出てくれば他の会社と比較して
どの数値が多いのか、少ないのかも検討することが出来ます。
会社として多くすべきなのか、それとも絞るべきなのか
多いからと言って悪いわけではなく、会社方針と一致しているかどうかか重要です。


こんなの難しい~と感じるかもしれないですが、大丈夫です。
最近の会計ソフトには固定費と変動費を識別する機能があります。
ということは自動的に固定費と変動費を集計してくれますし
損益分岐点売上を計算することもできます。
また期中では期末までの予測売上を入力すれば決算の着地点も計算できます。



是非会計を使って会社を強くして下さい。
会計での悩み事・ご相談はドリームプラスまでお気軽にご相談ください。



【文責 : 梅川 大輔】
こんにちは。

税理士法人ドリームプラスの雑賀 崇浩(さいが たかひろ)です。



8月ですね。
8月と言えば花火大会。

先週、大阪ではPL花火芸術・なにわ淀川花火大会と
大きな花火大会が開催されました。

と言っても、大人になってからは暑さに耐えられず
なかなか行かなくなってしまいました。



それでも以前から1度は行ってみたいと思っている花火大会があります。


新潟の長岡花火



毎年8月2日、3日の二日間で行われるそうです。

最近ではメディアで取り上げられることも増え、
今年は両日ともBSでテレビ中継されていました。

私も2日の番組を見て、絶対行くぞ!と決意したものの


遠い・・・
しかも2日、3日となると、来年も平日・・・


再来年は金土。

2年後を楽しみにしておこう。


友人が今年見に行ったそうで、SNSに載せていた写真を拝借しました。





【文責 : 雑賀 崇浩】