IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Feb.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.067533秒
確定申告真っ只中。
年々疲れが溜まっていって無理がきかなることを実感している梅川です。



前回は国税庁が相続税の基礎控除が下がった後に
発表した相続税の課税状況について整理しました。

大枠として重要なことは、以下のことです。
・相続税がかかる被相続人が183.2%と激増した
・被相続人一人あたりの課税価格が69.2%と減少した
・相続財産に占める現預金の割合が増加した


このことから
  基礎控除が下がる前は相続税がかからなったけど
  基礎控除が下がったことにより相続税がかかることになった

という人が増えたと推測できそうです。

前回のBlogを確認するにはここをクリック



上記の対象者を具体的なイメージでいいますと
 ・課税財産が5,000万~10,000万程度
 ・上場企業(もしくは同レベル)のサラリーマンを引退した家庭
 ・財産は自宅と金融資産
 ・大都市のど真ん中というよりちょっと郊外のゆったりした自宅に住んでいる
 ・普段使っている銀行はメガバンクと地銀

という感じだと思います。



こういった家庭ではあまり大掛かりな相続(税)対策は必要ないと思います。
ではなにをすべきか?ということを考えてみたいと思います。

イメージしやすいように家庭のイメージをつくると
   夫婦 70歳台
   子供 30・40歳台 2人 それぞれ既婚
   孫  数歳程度 複数人
で考えてもらえればと思います。


対策を2つに整理します。
今回は【対策A:相続財産の減額】を説明し
次回は【対策B:控除・特例の有効活用】を解説します。


また法的にはどうかという書き方もありますが
そのあたりはより分かりやすくということでよろしくお願いします。



【対策A:相続財産の減額】

A-1.暦年贈与

相続対策のもっとも基本、かつ重要な対策は贈与することです。
財産が残っていれば相続税がかかります。
ですので基礎控除額(110万)以下で複数人(子供 & 孫)に贈与しましょう。
それだけ相続対象額が減額できます。

ただし、名義預金(あげたつもりであげた人が使える状態)はダメなので
  ・あげた人が管理できる口座に振り込むこと
  ・贈与証書を自筆で残しておくこと
をおすすめします。

注意点は現預金のすべてをあげる必要はないです。
余分なものだけでいいと思います。
相続税がすくなることはとても重要ですが
親が安心して暮らせることのほうがもっと重要
です。
お金があれば安心していきていけます。
大金が残っても、残った以上に相続税は払いません。ご安心を。



A-2.教育資金贈与、住宅資金贈与、結婚及び育児資金贈与

子供、孫がいる人が使える贈与税の非課税の特例があります。

孫がいれば孫に贈与する1,500万まで教育資金は非課税になります。
使い切ってほしいので、数歳だといいですが、15歳ぐらいだと微妙です。
高校・大学と私学に行くのであれば使い切りそうです。

子供が家を建築するタイミングでは1,200万(平成29年)までの建築資金は非課税になります。
消費税が10%になれば上限が増えます。タイミングを見計らいましょう。

子供が婚活・妊活・育児をしていれば1,000万までは非課税になります。
「結婚及び育児資金贈与」だけは贈与しただけではダメで
使わないと相続財産に含まれてしまいます。
逆に他の2つは贈与しただけで相続財産から除外されます。
そういった意味では「結婚及び育児資金贈与」は使いにくいですね。

国税庁のHPで確認するには下記をクリック
 教育資金贈与
 住宅資金贈与
 結婚及び育児資金贈与



A-3.配偶者への居住用不動産の贈与

配偶者と20年以上結婚している方向けです。
自宅の土地・家屋を贈与しても2,000万までは贈与税がかかりません。
もう少し詳しく言うと暦年贈与の110万もあわせると、2,110万まで無税です。

ただよく勘違いされるのは贈与税はかかりませんが
他の費用(ex. 司法書士報酬、登録免許税、不動産取得税)はかかります。
多く見積もってざっくり数十万の後半(80万とか)ぐらいでしょうか。
ぎりぎりの人ではなく、ちょっと相続税が多めの人におすすめです。

国税庁のHPで確認するにはここをクリック



次回に続きます。




【文責 : 梅川 大輔】
こんにちは。

税理士法人ドリームプラスの雑賀 崇浩(さいが たかひろ)です。




巷ではインフルエンザが流行していたりしますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。


先日お客様を訪ねて、ある介護付き有料老人ホームにお邪魔しました。

外見は高そうなマンションだな。という程度のものです。
しかし中に入るとまずはフロントがあり、お出迎えをして頂けます。
自動ドアが開いた瞬間、その雰囲気にちょっと緊張してしまいます。

1階のホール、廊下、エレベーターすべてがホテルのような豪華さです。

それぞれの部屋は金額によるそうですが、それ程広くはなく、
一般的なファミリーマンションよりも狭いかなという程度でした。

部家でお客様と話をして、帰りに少し施設を紹介して頂きました。
広大な中庭、フィットネスジム、プール、ビリヤード場、麻雀部屋
などがあり、その日メインホールでは落語のイベントが開催されていたそうです。

ラウンジではコーヒー、紅茶などが飲み放題で、
すれ違う入居者さんは心なしかお上品に見えます。


それもそのはず、気になるお値段ですが、
入居時に3,000万円~1億4000万円程度掛かるそうです。
また月々17万円程度の管理費が掛かり、医療費などは別です。

異次元の世界で、ワー、ホーと驚いてばかりでしたが、
こんな場所に行くと、自分の老後を考えさせられます。

夢の世界から現実へと戻り、
確定申告の書類と格闘する日々です。





【文責 : 雑賀 崇浩】
こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。

最近雪が降ることが多いですね。


先月の雪が積もった日から2歳9か月の息子が熱を出して

今月の頭まで入院していました。

心臓の血管に後遺症が残る可能性のある「川崎病」という血管の炎症の病気だったようです。


小学校にあがるまでは後遺症がないかの検査をつづける必要があるみたいですが、

今のところは後遺症の心配はないとのことで一安心しています。


今回の入院や通院でたまった領収書は

29年度の医療費控除のためにしっかりと残しておかないといけませんね。

こども医療のおかげで負担額は200円ですが、交通費がかさんでしまいそうです。



【医療費控除の対象】

9 次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの
(1) 医師等による診療等を受けるための通院費、医師等の送迎費、入院の際の部屋代や食事代の費用、コルセットなどの医療用器具等の購入代やその賃借料で通常必要なもの(ただし、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金等は含まれません。)

(引用)http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

最寄駅から病院までの公共交通機関の交通費(電車代やバス代)も医療費控除に含めることができます。

→領収書の裏などへ、その日かかったバス代・電車賃などをメモしておくと
 金額をあとから調べる手間も省けていいんじゃないでしょうか?


失くしてしまいそうで不安だという方がいれば、

弊社担当者へお渡しいただければ幸いです。

よろしくお願いします。


【文責 : 楠橋 歩】
こんにちは。
今週は藤本が担当いたします。

もう早いもので2月ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

寒暖差が激しくインフルエンザも流行っているようですので
お体にはお気を付けください。


本日は、仕事の話を離れ趣味について書ければと思います。

以前ブログに書かせていただいたバイク(ツーリング)も
冬場はシーズンオフのため最近はバイクにすら乗っていません。

もう一つの趣味(←決してギャンブルではないです。決して…)のスノボー
はちょうどベストシーズンを迎えています。

昨年度は暖冬のためスキー場もひどい状態でしたが
今年はそこそこ積もっているようです。

私がいつもお世話になっています高鷲スノーパークも
積雪180㎝で全コース滑走可能となっていました。

高鷲スノーパーク【http://www.takasu.gr.jp/condition/

今シーズンはまだ一度も行けていません。
確定申告明けに一度行けたらと思っています。


皆様も興味がありましたら是非スキー場に行ってくださいね。
誘っていただけると嬉しいです。

スキー場へはスタットレスかタイヤチェーンをご持参くださいね。


それではこの辺で失礼いたします。


【文責:藤本 正平】