IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
May.2022
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.075564秒
こんにちは(^^)/

今週は藤本が担当いたします。

春ですね!
花粉症で毎日大変です。。。

皆さまはどこかお出かけに
なられますか?

私は、暖かくなると
例年、南やましろ道の駅に行ってます。

https://michinoeki.kyoto.jp/

皆さまもご興味があれば是非行ってみてください!!


4月からは、様々なものが値上るそうですね。
 電気・ガス・食料品…

既に値上がりしている
 木材・金属・人件費…

企業努力では対応できないスピードで
様々な原価が値上がりを起こしていますね。

どこかのタイミングで
売上先に対して値上げの交渉をする必要が
あるかもしれません。

仮に
 売価10,000円 原価率60% 固定費2,000円
のものを売っていることを例に説明すると

【従来】
 売上   10,000円
 原価  Δ6,000円
 固定費 Δ2,000円
-------------------
 利益   2,000円
 
【値上がり後】
 原価率60%→65%
 固定費2,000円→4,000円

 売上   10,000円  
 原価  Δ6,500円
 固定費 Δ4,000円
-------------------
 利益   Δ500円

同じ商品を同じ値段で提供した場合でも
当然でありますが材料費の高騰、固定費の高騰
がありましたら販売商品ごとに売れば売るほど
赤字になることがあります。

いつも、私の担当先の関与先様には
お伝えをしておりますが

 ★売上額のみを追ってはいけないです。
  いくら売上が上がっても各商品ごとに
  利益が出ていない場合(上記のような場合)は
  赤字が蓄積されるだけになります。
 
  赤字商品対策としては
   販売商品の値上げ
   値上げができないなら販売商品の取りやめ
   原価の高騰が一過性のものなら損しても売る
   (現状維持)

ご不安なことがございましたら
弊社担当になんなりお申し付けください。


【文責:藤本】