IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
May.2022
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.050353秒

という資格試験があります。
あまり聞かない資格かなと思います。


たまたまあるお客様と ITパスポート試験の話になったので
少し紹介しようと思います。



1. ITパスポートとは?

ITパスポート試験は経済産業省が認定する、国家試験です。
今は日常の暮らしでも、パソコンやインターネットを使えることは当たり前です。
会社で働いている時にはさらに、社内の情報システムを上手に
活用できるスキルや、もっと業務を効率化するために、システムに
不足している要素を発見する知識なども欠かせません。

「ITパスポート試験」では、「パソコン操作ができる」というレベルには留まらず、
これからの社会人にとって必要な、ITを正しく理解し、積極的に活用する知識を身につけます。



2.ITパスポート試験で身につくスキル

○ITを正しく理解し、積極的に活用し、付加価値を生み出せる。
○ 職場内の課題を把握・分析し、解決するためのIT技術が理解できる。
○ITの安全利用や企業のコンプライアンス向上に結び付く知識が備わる。



3. ITパスポートの社会的な評価

大手企業にも取得を奨励している会社がたくさんあるみたいです。
「ITパスポート試験」は、主催の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)だけではなく、
経済産業省や高校、大学、専門学校なども推進に積極的です。

また地方自治体や大手企業でも、職員・社員のIT能力を高める目的で、
「ITパスポート」の受験を積極的に薦める組織がふえています。



自分は特に理由もなく5年前に取得しましたが
IT業界等で働きたいと思っていらっしゃる方等は取得しても良いかなと思います。
勉強して損することは絶対にありませんので。







【文責:岡地】

【社員募集のご案内】

税理士法人ドリームプラスでは社員を募集しています。
募集人数は2・3名です。


■応募資格

・税理士、税理士科目合格者
・会計事務所2年以上経験者(TKC事務所出身者であれば1年以上)
・会計事務所に興味のある未経験者(税理士試験受験希望者厚遇)
・相続税申告書5枚以上作成経験のある者厚遇
・一般的なアプリケーション(ex. エクセル、ワード)、PCメール
 携帯メール、インターネットを使える方
・普通免許



応募はメールにて随時受け付けています。
履歴書、職務経歴書を送信ください。
詳細は弊社HPをご参照ください。
HPを見ての直接のご応募の場合には、お祝い金を支給いたします。
数多くのご応募お待ちしております。