IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Sep.2021
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.439456秒
子供が中学生になり小学生時代より会話が減りました。
ほとんどスポーツ観戦に興味がないと思っていたのですが
オリンピック期間中は毎日一緒にテレビにかじりついていました。

わずか3週間あまりで過去2年分ぐらい会話したような気がします。
「見たいと思ったから録画しておいたよ」ってこともありました。
オリンピックの開催是非については賛否両論あったと思いますが
個人のささやかな幸せに意外と役立っていることを感じたUmeです。




部門別会計って聞いたことありますでしょうか?
逆にどんぶり勘定は?


どんぶり勘定は
  細かく計算しないでざっくり計算すること
てな感じの意味だと思います。

ふと語源が気になって調べてみたら
 丼(どんぶり)
ではなかったようです。
「どんぶり」とは昔の職人さんが腰にかけて使っていた財布だそうです。
この「どんぶり」に無造作に手を入れ、中身を確認せずにお金を払う
大雑把な支払方法をを「どんぶり勘定」と言ったそうです。
てっきりどんぶりですくって金勘定するぐらい適当って意味だと思ってました。
やはりなんでも調べて見るものですね。



閑話休題。
部門別会計は
  組織がある程度大きくなってきたときに
  セグメント別(事業別、地域別、店別etc)に損益を把握しましょう

ということです。



正直、製造業より飲食業や小売業等のように複数拠点を持ちやすい業種向きと言えます。
製造業の場合、売上が大きくなっても1拠点で同種類の物品を製造していることも多そうです。
もちろん製造業でも製造拠点や販売拠点が複数になっている会社もあるでしょうから
一概に製造業だから導入しないていいということではありません。
逆に言えば飲食業や小売業で複数拠点あって部門別会計を導入しないとすると
管理会計上の致命的な不利益
とも言えます。



例えばコンビニエンスストアで全社利益が100だった場合に
利益出ているからいいよって考えるのは簡単です。

では
  A店  +500
  B店  △400
だったらいかがでしょうか。
さすがにB店の店長なんとかしろよ!って思いませんか。
そう思ってしますUmeは心が狭いんでしょうか。。。


一方
  A店  +500
  B店  +500
  本社  △900
だったらいかがでしょうか。本社経費がすべて必要不可欠なものだったらいいのですが
本店管理者としては工夫の余地がありそうです。


これは利益だけにフォーカスしていますが、売上や利益率、労働分配率なんかも
各部門を並べてみることで分かることが多く出てくると思います。
出てきた数ががいいか悪いかは会社(というか社長)の判断するところです。
何年目まで赤字OK、累積赤字○円までOK、地域貢献のため年間○円までOK
いろいろな判断基準があると思います。

ただそれを本当に数値をもとに、しかもタイムリー(どれだけ遅くとも翌月末日)まで
経営判断に使える部門別の各種会計数値が出ている必要があるのではないか
を考えています。



また進化した会計ソフトはすごいです。
どの会社もそうだと思いますが独自の帳票を
だいたいエクセルで管理資料や会議資料を準備していないでしょうか。

会計ソフトとエクセルを連動させることで自動的に最新情報に更新できます。
(というか指定する月なので比較のために過去分を出すことも可)
一定時点(ex. 2021/8/31時点)の数値だけでなく
一定期間(ex. 期首から2021/8/31までの累計)の数値も取得可能です。


またエクセルという便利ソフトの特性上、関数で自動計算させることも簡単です。
(個人的には会計ソフ・税務ソフト以外ではもっとも外せないソフトです。
 なんでもエクセル管理やろ~なんで。。。)


もし部門別会計を導入を検討しているという法人の方がおられましたら
弊社までお気軽にご相談ください。




【社員募集のご案内】

税理士法人ドリームプラスでは社員を募集しています。
募集人数は1名です。



■応募資格

・税理士、税理士科目合格者
・会計事務所5年以上経験者(TKC事務所出身者であれば3年以上)
・特に相続税申告書5枚以上作成経験のある者
・一般的なアプリケーション(ex. エクセル、ワード)、PCメール
 携帯メール、インターネットを使える方
・普通免許



応募はメールにて随時受け付けています。
履歴書、職務経歴書を送信ください。
詳細は弊社HPをご参照ください。
数多くのご応募お待ちしております。