IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2021
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.066622秒


最近一部のお客様から 
宅地建物取引士(以下:宅建)

上記の資格についてよく聞かれます。


なぜかといいますと不動産業界は今まで経験したことが無いのですが
実はこの資格を持っており、名刺の裏にも軽く載せています。

不動産業界に行きたい!という理由ではなく
急に何か使える資格持っておいた方がいいよな~と思ったので
人気資格の1つである宅建を受験しました。

ほんの少しですが不動産の知識は身についたと思っています。
(本当はついていないのかもしれませんが。。。)



不動産のことについては詳しいお話はできませんが

・友人や息子が今度試験を受けるけどどんな試験?
・どんな仕事をするの?

など宅建の試験内容等はよく聞かれますので
簡単ですが下記内容でまとめてみました。


<宅地建物取引士はどんな資格>

「重要事項の説明」や、不動産の売買・賃貸の仲介の仕事を行います。

不動産の売買や仲介で、お客様を斡旋(営業)することは、
宅建の資格がない人にもできます。

でもこれらの取引の最後に必ずある、
「重要事項の説明」ができるのは、宅建士だけになります。

不動産取引の事項に、なにか不備や法的違反がないか、
宅建士が見極め、お客様に信頼をお届けする仕事だと思います。



<試験内容>

不動産を関連する法律や税制について幅広く問われます。
出題形式はすべて4肢択一になります。

試験の問題は、
「権利関係」、「法令上の制限」、「宅建業法」、「税その他」の
4つの分野から出題されます。

また試験の形式は、4択の50問(4つの選択肢から正解を1つ選択)。
記述問題への対策の必要がないため、試験勉強にも取り組みやすいと思います。
(実際勉強してみると難しいところもありましたが。。。)


合格基準は、毎年変動しますが、目安として50問中35問
合格率は、おおよそ15%ほど。
ただ近年は37、38点程度を取れないと難しくなっています。



少しではありますが参考になりましたでしょうか?
確定申告も落ち着いてゆっくりできる時間も増えてきますので
せっかくなので自分も少し宅建の内容を確認しようと思っています。




【文責:岡地】

【社員募集のご案内】

税理士法人ドリームプラスでは社員を募集しています。
募集人数は複数名です。



■応募資格

・税理士最優遇、税理士科目合格者優遇
・会計事務所経験者(特にTKC事務所出身者優遇)
・若手(30歳ぐらいまでの)未経験者
・一般的なアプリケーション(ex. エクセル、ワード)、PCメール
 携帯メール、インターネットを使える方
・普通免許



応募はメールにて随時受け付けています。
履歴書、職務経歴書を送信ください。
詳細は弊社HPをご参照ください。
数多くのご応募お待ちしております。