IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Sep.2020
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.073078秒
今回は岡地が担当いたします。


8月に入りました。気づけば今年もあと5か月で終わってしまいます。
改めて時間の流れはあっという間です。

そんな8月ですが知っている方もいると思いますが毎年税理士試験があります。
今年の試験日は令和2年8月18日~令和2年8月20日です。

なので税理士試験について書こうと思っていたのですが、過去に藤本が書いていたので
今回は自分が勉強している簿記について書こうと思います。



簿記は会社の経営状態を読み取るスキルで、社会人すべてに役立ちます。
企業で行われるさまざまな経済活動を記録・計算し、整理してその結果を明らかにするスキルです。


では簿記は経理や会計の仕事をする人たちだけに必要なスキルなのでしょうか?

決してそんなことはないと思います。
ビジネスの仕組みが複雑化する今日では、自分の会社や取引先の経営状況を把握して仕事をすることは大切です。


簿記のスキルは、
「会社で仕事をしている人には、誰にでも役立つスキル」です。
多くの企業が進んで簿記の資格を取得することを薦めています。
簿記の資格が人気なのも、そこにあるのかもしれません。



気になる合格率ですが
実施される回数によっても異なりますが、2級で20~30%台です。
2級は学習範囲が広く、出題も高度になります。
3級と比べて、格段に難しくなります。




試験は11月にありますので、しっかり勉強して頑張りたい思います。
よろしくお願い致します。


【文責:岡地】


【社員募集のご案内】

税理士法人ドリームプラスでは社員を募集しています。
募集人数は複数名です。



■応募資格

・税理士最優遇、税理士科目合格者優遇
・会計事務所経験者(特にTKC事務所出身者優遇)
・若手(30歳ぐらいまでの)未経験者
・一般的なアプリケーション(ex. エクセル、ワード)、PCメール
 携帯メール、インターネットを使える方
・普通免許



応募はメールにて随時受け付けています。
履歴書、職務経歴書を送信ください。
詳細は弊社HPをご参照ください。
数多くのご応募お待ちしております。