IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Nov.2018
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.074541秒
こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。



タイトルの通りでございます。

皆様は「なんで2月は28日なの?」と思ったことはありませんか?


理由を調べてみると…

所説あるようですが、紀元前の古代ローマが原因とされているようです。


人名や〇〇暦とかややこしいことは省いて、

楠橋はおおまかに下記のように理解しました。


その頃は1年の始まりが3月で、2月が調整のために日数を変更する月とされていたそうです。

・10か月(304日)+ 60日程度の休み(空白期間)

   1月と2月が存在しない状況

         ↓

・12か月(29日・31日)+ うるう月

   偶数が不吉だとされて29日と31日にした結果、
   1年を調整するために2月だけは28日とされた状況
   
         ↓

・12か月(30日・31日)+2月だけ28日か29日

   ここが紀元前45年。今の暦と同じ状況。


参考:国立天文台 https://www.nao.ac.jp/faq/a0308.html


調べてみた結果、「へぇ~そうなんだ。」と納得はできました。

しかし、紀元前45年から2,000年以上もたった今でも同じ暦を使う必要があるのでしょうか?

7月・8月あたりの1日ずつを分けて欲しいと個人的には思っています。


【文責:楠橋 歩】