IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Nov.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.06346秒
ハンナリーズが東地区の1・2位のA東京・栃木を撃破するという快挙!
にもかかわらず他には取りこぼして微妙な感じの梅川です。



平成27年に相続があった人の申告状況の概要が国税庁から発表されました。

平成27年1月1日以降の相続開始から基礎控除の大幅な引き下げがありました。
  改正前 : 5,000万 + 1,000万 × 法定相続人の数
  改正後 : 3,000万 + 600万 × 法定相続人の数




改正前は相続税を納付す人は約4.4%程度でした。
改正によりどれぐらいの割合の方が相続税を納付するようになるか
非常に興味深い発表です。
ちなみに最終的に国税庁は10%程度まで引き上げたいと思っていると
聞いたことがあります。



■ 死亡者数・課税対象となった被相続人数

死亡者数(被相続人数)      : 1,290,444人(前年1,273,004人、対前年比101.4%)
相続税課税対象の被相続人数 : 103,043人 (前年56,239人、対前年比183.2%)
相続税がかかるひとの割合   : 8.0%     (前年4.4%、対前年比+3.6%)


確か想定が6.5%ぐらいでは?という数値を見たことがあるので
基礎控除の引き下げに加えてここ数年の土地の高騰も影響しているのかしれません。


ちなみに東京国税局管内における課税割合は、12.7%(前年7.5%、+5.2%)です。
東京は土地の値段が高いので他地域より相続税がかかる人の割合が高いです。
それにしてもすごい。。。

 

■ 課税価格・税額の推移

課税価格 : 14兆5,554億円(前年11兆4,766億円、対前年比126.8%)
相続税額 : 1兆8,116億円 (前年1兆3,908億円、対前年比130.3%)

【被相続人1人当たり】
課税価格 : 1億4,126万円(前年2億0,407万円、対前年比69.2%
相続税額 : 1,758万円  (前年2,473万円、対前年比71.1%


相続税が結構お金持ちの人にかかる税金から
人よりちょっと大きい家に住んでいるとか、ちょっと金融資産が多い人までを
含めた税金になっていることがわかります。



■ 相続財産の種類別構成比
土地        : 38.0%(前年41.5%)
現金・預貯金等 : 30.7%(前年26.6%)
有価証券     : 14.9%(前年15.3%)


現金・預貯金及び有価証券等の構成比の合計が45.6%となり
平成に入ってから最高の割合となっています。



土地の割合の増加  → 土地の値段の高騰
現預金の割合の増加 → 自宅と金融資産のみで今まで相続税がかからなかった方
ということのように見えます。




国税庁のHPで詳細を確認したい人はここをクリック



以上のことから簡単にできる対策を次回以降考えてみたいと思います。



【文責 : 梅川 大輔】