IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.063617秒
こんにちは。

税理士法人ドリームプラスの雑賀 崇浩(さいが たかひろ)です。



本日は8月8日
明日8月9日から3日間、第66回税理士試験が実施されます。


先日、藤本もブログで記入しておりましたが、
今回は税理士という資格についてお話をしたいと思います。


税理士の資格を取得する方法はいくつかあるのですが、
そのなかでも最も王道なのは税理士試験に合格することです。

税理士試験は毎年8月上旬に3日間実施されます。

3日間も!?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、
決して3日間缶詰めになる訳ではありません。

税理士試験は会計学2科目と税法9科目からなるため3日間設定されていますが、
自分が受ける科目が1科目であれば2時間で終了です。

そして何年掛けても構わないので5科目合格すると
晴れて税理士となれるのです。


ちなみに他の方法としては
1.税務署で一定期間勤務する(20年程度だったと思います)
2.公認会計士の資格を取得する
3.大学院を卒業し論文を提出する
  (以前は大学院を2回卒業すれば税理士の資格を取得できていましたが、
   現在は最大で3科目免除となります。)
などがあります。

税理士に年配の方が多いのは1番の理由があるからで、
税務署を定年退職後、税理士をするという方が多いからです。


税理士試験の各科目の合格率は10%程度なので
非常に狭き門である事は間違いありません。


そんな税理士試験に弊社からは2名の従業員が挑みます。
(1名は私です)

良いご報告ができるように明後日の試験に向かいます!



【文責 : 雑賀 崇浩】