IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.127031秒
アイスクリームの美味しい季節がやってきました。
でもアイスクリームの前にこちらがとけてしまいそうです。
梅川です。



前回のBlogを見るにはここをクリック



相続税の申告では、調査率が高い上に、否認率が高く
追加での納税額が大きくなるということでした。



そのため当然ですが、最初から正しい申告をすることが望ましいですね。
先日あった相続税の調査で申告是認(修正申告なし)になりました。
税務署から出された通知がこれです。





80%ちょっとが修正申告ですので、20%に入れました!
ちなみにもう一人の税理士の小山も前回申告是認をもらいましたので
税理士法人ドリームプラスとしては
  4%(20%×20%)
の確率です。



また調査前に一度税理士がヒアリングを受けることが出来る
【書面添付】という制度
があります。

  (会社のバージョンですが)書面添付制度について知りたい人はここをクリック

税の専門家である税理士がどのような資料からどのように判断して
申告書を作成したか、を申告書に添付して提出することが出来ます。

税務署が知りたい情報を事前に提供することで
実地調査(納税者のところに来る)する必要がない可能性があります。



そのうち、調査省略になる確率は相続税でおおよそ半分程度だそうです。
(確か税理士会資料だったような記憶が。。。)



ただ作成するのも手間ですし、責任を伴いますので
添付率は低くとどまっているようです。
直近の割合では
  相続税 ・・・ 11.8%
  法人税 ・・・ 8.4%
  所得税 ・・・ 1.1%

だそうです。

  平成26事務年度 国税庁実績評価書を見るにはここをクリック(P161が書面添付率)



相続税の調査は精神的負担まで含めればないにこしたことはありません。
ドリームプラスでは、書面添付まで含めてしっかりサポートいたします。
お気軽にご相談下さい。



【文責 : 梅川 大輔】