IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Aug.2017
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.064642秒
梅雨になって雨ばかりですね。
また暑かったり、雨で寒かったり。
体調管理に気をつけて、がんばります。
梅川です。



TKCシステムの2016/6/1版の更新で
  銀行取引
  クレジットカード明細
  電子マネー決済
が自動的にダウンロードされ、仕訳変換されるようになりました。


  FinTechの詳細についてはこちらをクリック



弊社でもさっそく6/1に「銀行取引」「クレジットカード明細」を設定しました。
(電子マネーは使っていないので。。。)
銀行は
  メガバンク
  地方銀行
  信用金庫

のそれぞれ異なる設定の3つの金融機関です。



設定して約2週間程度経過しました。
分かったことを整理します。



【メリット】
日々簡単に入力できる。これは本当にすごい!

・クレジットカードでのETCやガソリンetc、頻度高く登場するものは非常に効果的。

・会計ソフトからボタン1つで複数の銀行・クレジットカードにアクセスできる。

1つの銀行取引で複数発生する仕訳(ex. 振込手数料相殺、源泉所得税天引)に対応できる。

・発生主義にした方が、より簡単に仕訳できる。

・法人であっても、個人の口座やクレジットカードも登録できる。



【課題】
・最初の技術的な設定が難しい。

・仕訳辞書と連動しておらず、読込時の仕訳辞書(読込ルール)を再設定しなくてはいけない。

・読込ルールを登録するときには、ルールが重複しないように少し頭をつかう。

・銀行取引を効果的に使うための運用の変更(ex. 毎日の売上を翌日入金する)を考えたほうがいい。

ルール通りに仕訳するので、多面的な確認が重要になる。



課題も何点かあげましたが、一度設定すれば広範囲で自動化が出来ます。
少なくともドリームプラスでは問題なく動いています。
毎日、この機能をあけるのが楽しみです。
(このあたりはやはり職業病ですね。。。)



最初の設定はちょっと難しいので、ドリームプラスがしっかりとサポートします。
複数企業で導入をしておりますので、もう大丈夫です!



最後に会計の自動化とは異なりますが、社長・経理責任者にとっていいことを1点。
社長の興味がもっともある数字の1つが預金残高だと思います。
会計は毎日見てなくても預金残高は毎日確認しているという社長はいると思います。

TKCのFinTechでは「moneytree」という会社と提携して銀行取引etcを把握しています。
すべての金融機関にログインして預金残高を確認しなくても
「moneytree」にログインすればすべての預金残高・銀行取引が一目で把握できます。
これは非常に便利です。
設定しておけば、残高がある一定額以下になったり、高額取引があればアラートをくれる機能もあります。



いずれにしても非常に便利な機能で、時代の変化を感じます。
是非使ってみてください。



【文責 : 梅川 大輔】