IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Jun.2017
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.042555秒
こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。


先週、給与所得だけの会社員の友人から

医療費控除についてこんな話を聞きました。



「払いすぎた税金を返して下さい。」と医療費控除の申告をしたところ

後日、「税金を払って下さい」と納付書が届いたそうです。



給与所得だけならば、医療費控除によって

源泉徴収された税金から

払いすぎている分を返してもらうことができるのですが、、、



納付書が届くなんてことあるの??と疑問に思い、

申告書の控えを見せてもらったところ、

誰もが控除される基礎控除38万円が抜けていました。



その基礎控除を抜かして、所得税の税額の計算はバッチリできていたので

「支払わないければいけない税金が発生」してしまっていたんですね。



税務署で更正の請求をして、友人は無事に還付を受けられるようにはなりました。



今回の件から得られる教訓は、

OTC薬も加わって、さらにややこしくなりそうな医療費控除ですが、

基礎的なことも間違えないようにしなければと、

気が引き締まる思いになりました。



【文責 : 楠橋 歩】