IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.063491秒
お客さんから「市民税が!」と。
金額を確かめてみると確かにべらぼうに高い。



弊社では毎年確定申告書の納品時に
市民税(府税+市税)の試算表をお渡ししています。
数百万単位で金額が異なってます。


かなり???な感じですので
直接市役所の担当者(通常は市民税課というような名称)に
どういった計算で金額がでてきたか確認します。


調べてもらうとなんと収用の特別控除をしていないとのこと。
(注:収用の場合の特例)
 収用の場合の利益 = 収用額 - 購入額 - 経費 - 5,000万



そりゃ5,000万の控除をしてなければ
税金が高くなりますわなぁ~
っていうかそんな間違いあっていいのか?



一般の方なら送付されてきた納付書をそのまま払うので
税金を多く払いすぎている可能性もあります。



確か固定資産税を34年間も過大に徴収していたこともありました。
 「固定資産税明細は確認しましょう」のBlogを読むにはここをクリック



とりあえず電話を数回しただけで
税金が数百万安くなったのでよかったと言えますが
行政ってこれでいいのか?と悩んだ1日です。

いずれにしても税金がおかしいなぁ~と感じたときは
弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
 電話 : 0774-39-4129
 FAX : 0774-39-4156
 HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
 メールはこちらをクリック
 (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。