IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.072032秒
「平成23事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要」が国税庁から発表されました。

 国税庁のHPで確認するにはここをクリック
 



■法人税

主な数字をピックアップすると


 申告件数 276万件(99.3%)
 所得総額 37兆2,883億円(103.1%)
 申告税額 9兆5,352億円(101.6%)

 黒字化率 25.9%(前年25.2%)


得総額、申告税額は2年連続増加、黒字化率は4年ぶりの上昇となっています。
景気が少しましになってきたのか、それとも耐え切れず倒産してしまったのか。




■源泉所得税


主な数字をピックアップすると

 源泉所得税額 12兆8,414億(102.2%)
 
 上記のうち
  給与所得税額 3,862億(104.5%)
  利子所得税額 643億(87.6%)
  非居住者税額 414億(86.4%)


源泉所得税額が2年連続増加しており、特に給与所得税額が増額しています。
給与、もしくは賞与が増加傾向にあるのでしょうか?



法人税関係もいい数字なっていること考えると
法人の所得が増加して、給与に結びついたと考えるのが自然でしょうか。
こういう数字を見てもあまり実感がないのはなぜ???



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。