IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.080607秒
ポンド(もしくはパウンド)はもともと重さの単位です。
古くは通貨・紙幣は兌換としての価値が基準でしたので
1ポンドの重さの銀に相当する価値を1ポンド硬貨とて定義し
そこからイギリスの通貨単位はポンドというようになりました。


ところで、通貨単位のポンドを表すのに「£」
重さの単位を表すのには「lb.」という記号を用います。
ともに「L」なのですが、ポンドであれば「P」が正しそうなものです。



ポンドという重さの単位は古代メソポタミアで定義され
その重さは人が一日に消費する小麦の重さだったそうです。
それを英語の語源であるラテン語では
「pendere(ペンデーレ=ぶらさげる)」と呼んだそうです。
古代では小麦をぶらさげて量ったんでしょうね。

その重さを古代ローマでは天秤を意味する「libra(リブラ)」と言い
それがポンドを表す記号「lb」になりました。

以前のイタリア通貨「lira(リラ)」もこの「libra」が変化したものです。



ちなみにペンダントは首からぶらさげるからペンデーレから変化して
ペンダントと呼ぶようになったそうです。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
電話 : 0774-39-4129
FAX : 0774-39-4156
HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
メールはこちらをクリック
(*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。