IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Aug.2017
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.465333秒
世の中には税制改正大綱というのがあります。
一般的には年末に発表される「来年度以降の税制はこうしますよ」というものです。
ただし今年度は審議される前に東日本大地震が起こってしまったため
一部を6/30から施行ということになりました。



 年末の税制改正大綱を確認するにはここをクリック

 平成23年度税制改正案の一部が新たな法律として成立したことを確認するにはここをクリック



資産家の方には相続税の改正が大きな目玉だったのですが
平成23年度改正ではまったく改正されずに以前のままおいておかれています。
10/11に開催された第11回税制調査会の資料のP6にこんなことが明記されています。



相続税の基礎控除の引き下げ及び税率構造の見直しについて
実施時期を平成23年4月1日から平成24年1月1日に

贈与税の税率構造の緩和及び相続時精算課税の対象拡大については
実施時期を平成23年1月1日から平成24年1月1日にそれぞれ変更する。




とうことで、基本的には相続税はあがる方向で考えておくべきですね。
最終的な判断は国会での審議ということになりますが
資産家を優遇しても票が集まらないことを考えると
通る可能性は極めて高い、ということになります。

 内閣府のHPで税調の報告書を確認するにはここをクリック



これまで以上に相続税”額”対策はしっかりとすべき時代に突入しました。
弊社でも相続対策をサポートしていきたいと思っております。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 弊社の相続税関連HPを確認はここをクリック



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
電話 : 0774-39-4129
FAX : 0774-39-4156
HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
メールはこちらをクリック
(*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。