IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.060246秒
日本代表がブラジルW杯の三次予選を戦っています。
比較的苦労しています。
そのためちまた(メディア)では
 4-2-3-1がうまくいっているのになぜ4-3-3に変更するのか?
という報道がされているように思えます。



Umeの考えはメディアとまったく逆です。
むしろ
 よくぞフォーメーション変更した!

です。
なぜならモノゴトを正しく見るためには
時間軸をきちんと設定する必要があります。



日本代表の現実的な目標は
 ブラジルW杯でのグループリーグ突破
でしょう。
よくいってトーナメントで1回勝って、ベスト8。
つまりW杯予選を突破してW杯に出場することが目的はないはずです。
これが最終目的地です。



プロジェクトは最終目的地から逆算して
いま何をすべきかを設定しなければなりません。

そう考えればW杯予選、しかも三次予選はチャレンジのときです。
しかも今回は幸か不幸か本田圭佑という中心メンバーが怪我のため離脱しています。
W杯でグループリーグを突破するには
 2勝1負
 1勝1負1分(得失点差になるので得点力のない日本はおそらく難しい)
が必要です。
個人の力で勝つことが難しい日本代表は1つフォーメーションではなく
複数のパターンを準備することが求められます。
 メンバー交代によるフォーメーション変更
 メンバー交代をしないフォーメーション変更
 メンバー交代による個人適性の違い



変化をしないことは停滞しているのと同じだ。
チャレンジした日本代表を応援したい!



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
電話 : 0774-39-4129
FAX : 0774-39-4156
HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
メールはこちらをクリック
(*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。