IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Dec.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.077626秒
以前のBlogをチェックするには

 前回の平成23年度税制改正要望をチェックするにはここをクリック




今回は相続税の項目に注目してみました。
金融庁からの要望で

 死亡保険金の相続税非課税限度額の引上げ

という項目があります。



<現行>
 法定相続人数 × 500万円

<改正要望案>
 法定相続人数 × 500万円 + 500万(配偶者分) + 未成年の被扶養法定相続人数 × 500 万円



<施策の必要性>
死亡保険金遺族の生活資金etcとしての役割を果たしている現状に鑑みれば、とりわけ、世帯主をなくした母と未成年の子からなる世帯において、相続税納付以後の生活資金を確保していくことが必要である。



 全文を確認するにはここをクリック



すぐにどうなるかは分りませんが、こういったものを見ていると税制の方向性が見える気がします。特に相続税対策(決して相続対策ではありません!)を考える身としては要継続チェックポイントです。


今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。