IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.060569秒
さる6/4(金)に民主党の代表選挙が行われ、菅直人氏が民主党代表、すなわち内閣総理大臣に就任しました。鳩山由紀夫氏が辞意を表明したのが6/2(水)ですから、わずか2日で選挙が行われたことになります。

政治的空白を作らない、という目的はあったにせよ、かなり急展開での就任で、え〜もう決まったの?的な感じです。



このことについて、とある評論家がPodcastで疑問を呈していたのでご紹介したいと思います。要約するとこんな感じです。



・菅直人氏、樽床伸二氏の2名が代表選挙に立候補したが
 樽床氏については立候補前はあまり知らなかった。

・樽床氏の演説を聞いてみたが、10分間の短い間だったをいうことを考慮しても
 あまり主張したいことは分からなかった。

・実際に投票してみると樽床氏は129票も獲得した。

・129票を投じた人は本当に樽床氏がいい思って投票したのか?ということそうではなく
 菅氏が反小沢氏の象徴になっていたので、管氏ではない樽床氏に投票したのではないか。

・以上のことから、日本のトップの選出プロセスは非常に脆弱なプロセスではないか?
 昨日まで国民の多くが知らなかった人物が社内力学によって
 日本のトップになるプロセスには問題があるかも知れない。


Umeも同じようなことを感じていました。
だって名前聞いたとき思いませんでした?

 樽床さんってだあれ???
 知らないのUmeだけ???
 この人ほんと〜に総理大臣になるの???




会社内の意思決定プロセスは明確で、かつ、外部からチェックしても問題ないですか?



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。