IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.061255秒
民主党になって初めての税制改正大綱が発表されました。主な概要と注意点、さらに(民主党政権が続いた場合の)今後の展開のみお伝えします。



中小企業で大きな影響があるのは、「特殊支配同族会社の業務主宰役員給与の損金不算入制度廃止」ぐらいでしょうか。
住宅関連の方は「住宅取得等資金贈与の非課税枠拡大」もご注意ください。



<法人税関連>
・特殊支配同族会社の業務主宰役員給与の損金不算入制度廃止
・情報基盤強化税制の延長なし



<所得税関連>
・16歳未満の扶養控除廃止
・16歳〜19歳未満の扶養親族の特例扶養部分(25万円)廃止
・介護医療保険料控除創設(上限4万円)、保険料控除(一般・年金)は上限4万円



<資産税関連>
・相続税小規模宅地適用範囲縮減(非同居世帯や都心賃貸併用住宅等が増税に)
・定期金に関する権利評価引き上げ
・住宅取得等資金贈与の非課税枠拡大(H22は1,500万円、H23は1,000万円)



<今後の展開>
・グループ法人税制の導入?
・法人の清算課税が所得課税へ移行?
・給付付き税額控除制度全面導入?
・老年者向け減税(年金控除と老年者控除の復活)?
・納税者番号制導入と歳入庁創設?
・相続税の課税方式を遺産課税方式に?



(*)平成22年税制改正大綱は法案が通過すれば、という条件付きであることにご留意ください。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。