IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.094133秒
電子申告が当たり前の税理士業界ですが、決済でも電子化の波が押し寄せてきています。
従来型の紙ベースの手形取引から、電子手形取引が11月からスタートするようです。



電子手形とは、「電子記録債権法」という法律に基づいて提供される決済サービスで、手形の「割引」「譲渡」「期日決済」「分割割引・分割譲渡」のような手形取引が、パソコンやFAXでできるものです。



具体的な使い方はまだ見たことないので分かりませんが、申告が紙ベースから電子申告になって非常に便利になったように、電子手形化によるメリットもありそうです。
■今までに比べるとより早期に割引が出来るので、資金繰が楽になります。
■紙での発行・管理に比べると事務作業が削減できます。
■電子になると手形に必要な印紙が不要になります。




新聞紙上によると下記のような大企業が検討しているようですので、約7,000社程度が参加予定です。
(参加予定企業)
・ホンダ
・新日本製鐵グループ
・JFE商事
・メタルワン
・パナソニック
・大和ハウス工業
・積水ハウス
・帝人
・カゴメ
・電通



参考URL
 日本電子債権機構株式会社
 電手情報ポータルサイト



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。