IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Jun.2017
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.104877秒
本日(9/1)よりダイレクト納付が始まりました。



平たく言うと所得税の振替納税みたいのです。あらかじめ税務署に口座を登録しておくとその口座から自動的に引き落としてくれる、というシステムです。

電子申告の対象税目が対象ですので、通常の企業ですと「源泉所得税」、「法人税」、「消費税」がメインとなりそうです。

特に源泉所得税が毎月納付の企業にとっては、納付作業がなくなり非常に便利ではないでしょうか。

また納付期日を登録しておけるそうなので、納付期限を設定することにより少しでも資金を口座においておくこともできそうです。



注意点は以下のようなことが考えられます。


■税務署のみ
都道府県民税、市町村民税は対応していません。ので、結局、予定(中間)納付や確定納付のときには金融機関に赴かないとダメだということですね。。。電子申告にしても、電子納税・ダイレクト納付にしても納税先がすべて一斉にしてくれないとあまりメリットが享受できないのが非常に残念です。


■電子申告とセット
前提条件として電子申告をしている場合に限られます。まあ弊社の場合、全社電子申告ですので問題ありませんが。。。
  平成19年度の電子申告Blog
  平成20年度の電子申告Blog


■利用開始までの期間
届出開始から利用可能となるまで1月程度かかるようですので、ご希望の方はお早めにどうぞ。


■領収書
納付書での納税ではありませんので、領収書は出ません。必要な場合、納税証明書を税務署であげる必要があります。


■対応金融機関
すべての金融機関が対応しているわけではありません。弊社Clientでよく使っている金融機関では
 平成21年9月〜 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、京都銀行
 平成22年1月〜 三井住友銀行、南都銀行
 予定なし    京都中央信用金庫、京都信用金庫
という状況です。



詳細な情報、届出書のテンプレートはこちらからご確認ください。
・ダイレクト納付のご利用案内(PDF)
・ダイレクト納付の手続



ちなみにUmeの会社もさっそく届出書を提出してきました。利用するのが今から楽しみです。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。