IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Jul.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.09941秒
稀代のスーパースター、Micheal Jacksonがなくなりました。彼が、「THRILLER」、「BAD」、「Black or White」をリリースしたのは、Umeが小学校高学年から高校生のあたりですので、どんぴしゃな世代と言えます。でも。。。個人的にマイケル・ジャクソンが好きだったかと言えばそれほどでもなかったです。



あるとき、ふと「この人はすごい人だっ!」と思うようになりました。それは第27回スーパーボールのときです。ゲーム自体はBuffalo Billsが非常に残念な結果になってしまうのですが、そのハーフタイムに登場したのが彼でした。そしてその最後に歌った曲が「Heal the world」という曲でした。


「Heal the world」の歌詞自体も好きなのですが、そのパフォーマンスシーンに当時大学生だったUmeは衝撃を受けました。大量の子供達(おそらく数千人規模の)が現れて彼と一緒に歌うのです。その子供達はいろいろな肌をしたいろんな人種の子供達です。こういったシーンはそれまで見ていなかったので、スーパーボールのイベントの巨大さを痛感するとともに、Micheal Jacksonのすごさ、そしてなにより音楽が人々に与える感動を知りました。



今でもMicheal Jacksonと聞くとまずはそのシーンがよみがえってきます。音楽を通じて彼は何かを伝えたかったのだと。



心から彼のご冥福を祈りたいと思います。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。