IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.072977秒
城陽の茶祭りに行ってきました。城陽で「お茶」っていうのは正直それほどは聞きませんが、やはり栽培しているようです。。。城陽近辺で言えば、宇治はもちろん、宇治田原、和束etcも有名な産地ですので、城陽のお茶ってあるのかな?というぐらいの認識でした。もっとも周辺地域がすべてしていて、城陽だけしない、なんてことははずですね。お茶農家の皆さま、ごめんなさい。


祭りは一風変わっていて、なんと神社での開催でした。


<入り口からの風景>




ちょっと人が多くてびっくりでした。



<お抹茶とお茶菓子>




なんと300円でした。



<お琴の演奏>




笛みたいのってなんでしたっけ?



いろんなことがイベント風で教えてくれたので、結構勉強になりました。「おいしい煎茶の入れ方実践講座」みたいなのもありました。ポイントは



なんだっけ?



既に忘れてしまいました。。。


たぶんですが
・沸騰したお湯を入れないこと
 → うまみ(テアニン)成分は60度ぐらいから出て
   渋みの成分(カテキン)は高熱で出てくるから?
・入れた後は別の急須に一度入れてから湯呑に入れると均等の濃さになる
・入れた後の急須は手でたたいて壁についた葉を落とし、蓋はしない
 → そうすると2回目以降もおいしく飲める

というような感じでした。



城陽の茶祭りは終わってしまいましたが、まだまだ他の茶祭りには開催されるそうです。こちらでご確認ください。




毎日飲みすぎていてあまり感謝してなかったけど、やっぱりお茶って美味しいな、と思えるイベントでした。



P.S.
そういえばなぜ新茶のじゃなく、この時期に茶祭りをしているのか質問し忘れました。。。
誰か知っている人、教えてください♪



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。