IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.05977秒
PCがクラッシュした話をご存知でない方はこちらを先にお読みください。



■CドライブとDドライブを分けること
PCを購入するとCドライブとDドライブが分かれていることが多いと思います。一般的には
 Cドライブ : OS
 Dドライブ : データ

とすることになります。できればこの原則をしっかり遵守することが重要です。というのもPCがクラッシュした場合、リカバリ(PCを工場出荷時に戻すこと)することになるのですが、リカバリするのはCドライブのみなのです。つまり、Dドライブにデータを格納しておけばデータはリカバリ前のまま使えるということです。



ただし、一般的なPCでは
 MyDocument
 MyMusic
 MyPicture
 Mail
の個人データフォルダは通常Cドライブに設定されています。そこでUmeはPC初期設定時に、上記と同様の理由からDドライブに変更することにしています。




■毎日バックアップすること
今日のビジネスにおけるデータの重要性はことさらここで述べる必要はないと思います。そのため、最新版のデータは常にバックアップする機能を持っておく必要があります。
バックアップには、単にバックアップをとる方法やRAID、etcその方法はいろいろありますので、どれがいいかは予算やシステムと相談して決めるとよいと思います。
Umeがしている方法は、「WtBackup」というフリーソフトを使って毎日一定時点でバックアップ(差分を識別してミラーリング)を自動的にとる方法です。


そのメリットとしては
・フリーソフトなので無料
・自動バックアップなので、とり忘れがない
・バックグランドで動いていても気にならない程度の重さ

があります。


ただし、複数持っておく場合重要なことは、どのデータが最新版か常に把握しておくか、常に把握することが困難な場合(ex. とてもデータ数が多い場合 = Umeの場合)どれが最新版になるかを常に決めておき、そこに最新版を保存すること、です。間違って古いデータを上書きしてしまって、デグレを起こすと大変なことになってしまいますので。。。



■バックアップPCを準備すること
もしPCを1台しかもっていない場合、その1台に何かあったときは仕事がすべて(といっても過言ではないと思います。。。) ストップしてしまいます。そのため、予備としてまったく同じ程度のPCを準備しておけば、HDDの交換までの間作業がストップせずにすみます。
ただし、もう1台準備するということはソフトのインストールは2回行う必要がありますし、Windonws updateなんかも2回実施する必要があるため、労力は2倍かかります。



<本日のポイント>
・データは常に簡単に復活できるようにしておこう。




今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。