IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.090755秒
本日、9/9は重陽の節句(陽が重なる節句)です。古来より中国では奇数が縁起のよい数字(これを「陽」と呼びます)とされ、その奇数が重複する日を節句としてお祝いしていました。日本でもメジャーなものに
 3/3 上巳の節句(いわゆる桃の節句)
 5/5 端午の節句
 7/7 七夕の節句
があります。
奇数の中でも一番大きい数字である「9」の節句は特に重要だったようです。


うん?1/1は?という疑問がありますが、1/1は正月ですので、節句どころの騒ぎではなくまったくの別格、横綱みたいなものですので、節句には入れません。正月が終わった1/7に七草粥でお祝いをする日を「人日(じんじつ)の節句」として1/1の代わりしています。
ですので、所謂「五節句」は
 1/7 人日の節句 ・・・ 新年のお祝い
 3/3 上巳の節句 ・・・ 女の子の成長のお祝い
 5/5 端午の節句 ・・・ 男の子の成長のお祝い
 7/7 七夕の節句 ・・・ 彦星様と織姫様のお祝い
 9/9 重陽の節句 ・・・ 農作物の収穫のお祝い

となります。


また1つ疑問が。。。なぜ9/9が収穫祭なんだ?ということです。だってまだ収穫していないじゃん!って思いますよね。
これらのお祭りは大昔からあるもので、その当時の暦は現在の新暦ではなく旧暦(太陰暦)、すなわち今の暦(太陽暦)より約1月遅い日付になるので
 9/9 → 10/9ごろ
になるそうです。


いずれにしても節目の1つですから、自分の過去を振り返り、今後の自分を考えるいい機会です。当Blogを読んでいるみなさんにも幸せが届きますように♪



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。