IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.061803秒
先日、ニュースを見ていてトルコのアブドゥラー・ギュル大統領が、エルトゥールル号の追悼記念式典に出席されてました。一国の大統領がわざわざ式典に出席していたので、話題にしたところ、あまりその意味を知っている人がいなかったので少し触れてみたいと思います。



<エルトゥールル号のはなし>

1890年和歌山県沖で当時のオスマントルコ(現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号が嵐のため、座礁し沈没してしまいました。乗組員のほとんどが沈没とともに死亡しましたが、数人が陸地にたどり着き、近くの集落に助けを求めました。それを聞いた住民は嵐の中にもかかわらず、自らの命を顧みず、小船を出しエルトゥールル号の乗組員を必死で探したのです。そのかいあって、奇跡的に生存した乗組員数十名の命は救われました。


救助したはいいものの、当時の食糧事情はお世辞にも良いとは言えず、住民の蓄えもわずかでした。にもかかわらず、自らの貴重な食料を船員の看護のために拠出しました。日が経つにつれ食料はさらに乏しくなりますが、最終的に非常食であった鶏の提供もいとわなったそうです。しばらくすると、明治政府にも情報が伝わり、生存者はオスマントルコ帝国に無事送ることができたそうです。



日本人として非常に誇らしいいい話ですが、実はこの話にはさらに続きがあります。また明日お話ししてみたいと思います。


今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。