IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Dec.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.094477秒
先日、DEROME BRENNERを購入したOBJですが、OBJを題材に少し高付加価値経営について考えてみたいと思います。



購入したDEROME BRENNERを引き取りに行ったときですが、いけてないにもほどがあるのですが、かけていたメガネの鼻パッドが割れていました。。。(お金がありません!という話ではありません)あまりにも可哀そうに思ったのか、店員さんの方から声をかけていただき、無料にて交換してもらいました
またフレームもゆがんでいたらしく(かけているUmeにはよく分からなかったのですが、即座に言われました)それも無料で修正してもらいました。
想定外の出来事なので、非常にサプライズでうれしいサービスでした。


また、「DEROME BRENNER」についてお話を伺っていたところ商圏は名古屋や東京あたりまであるそうです。高額商品になればなるほど、広い商圏から顧客を集める必要があるのですが、このあたりもうまくいってそうです。京都という土地柄、「京都旅行ついでにOBJ」みたいな使い方も考えられるのかもしれません。


さらに先日(購入後1ヶ月後ぐらいでしょうか)、一通のはがきが届きました。そこには、?購入のお礼、?何かあればいつでもお気軽に、というメッセージがありました。確かに内容はどこにでもあるものですが、こういったサービス(心づかい)をしている会社はありふれていません。



整理するとOBJの戦略(= 高付加価値戦略)は以下のように思えます。
・幅広い価格帯ではなく、高額商品に絞る(当然客単価は高い)
・そのためには他の店舗にて販売していない独自商品を仕入れる
・アフターケアをしっかりする(高額商品に対する安心感を確保する)
・商圏を広く設定する




ただHPを拝見するからに、HPには自体にはそれほど注力しているようではなさそうです(実際お店の人もそう言ってました)。口コミなんかで情報が広がるぐらい商品力・ブランド力がキーと言えるかもしれません。


みなさんは高付加価値経営を目指しますか?それとも安価な商品の大量販売を目指しますか?まずは自分の商売の方向性をきちっと決める必要があります。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。