IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.069245秒
レギュラーシーズンも残すところあと1ヶ月ほどとなり、佳境を向けつつあるNBA。前回トレード情報をもとに「本気の2チーム」をコラムってみたと思ったら、なんと他のチームも補強をする、する。Westのプレーオフ圏内はなんと勝率6割が必要というありえないぐらいちょ〜ハイレベルな戦いを繰り広げております。どうもちまたでは「Wild West」というらしいです。


一方、Eastの方に目を向けてみるとボストン、デトロイト、オーランド、クリーブランドの4チーム以外はほぼノーチャンスと思える状況です。ディビジョナル・プレーオフからが本番ですね。


まずは今シーズンのプレーオフ進出しそうなチームのトレード情報を整理してみましょう。

☆ヒューストン
  PG ボビー・ジャクソン、SG/SF ジェラルド・グリーン

☆L.A.レイカーズ
  C パウ・ガソル

☆ニュー・オーリンズ
  SG ボンジ・ウェルズ、PG マイク・ジェームズ

☆ユタ
  SG カイル・コーヴァー

☆フェニックス
  C シャキール・オニール

☆サンアントニオ
  C/PF カート・トーマス

☆ダラス
  PG ジェイソン・キッド


これほどまでに大物のトレードがあったシーズンはなかったのでは?しかもシーズン前にはK.Gとレイ・アレンがBostonに行ってますし、Golden Stateもクリス・ウェバーと契約しています。特徴は、今シーズンにかけるため、ブレイクするかもしれない若手より、ベテランを選択したチームが多くあったということでしょうか。フェニックスやダラスが、あるいはサンアントニオもその部類ですね。今シーズンか来シーズンFinalに進出できなければ、これらのチームのトレードは失敗といわれる可能性大です。


明後日は”その2”として各チームのちょい分析を試みます。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。