IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
May.2017
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.091758秒
ちまたでは株・投資信託・FXに投資している方も多くいると思います。ついうっかりすると忘れてしまう確定申告。っていうか忘れてしまいたい確定申告。。。
確定申告しなければならない場合、確定申告すれば得な場合もありますので、ご注意下さい。


【 確定申告しなければならない場合 】
☆証券口座が一般口座の場合で、他の雑所得とあわせて20万を超える所得がある場合(特定口座の源泉あり口座の場合、不要)
→ つまり、年末で調整可能なら20万を少し下回るぐらいにしておけばそれなりに節税♪


【 確定申告すれば得な場合 】
☆利益と損失の通算
2つ以上の特定口座を持っている場合で、片方の口座で利益が出ていて、もう片方の口座で損失が出ている場合、両方の口座の利益と損失を通算することにより、源泉された税金が還付される可能性がある。ただし、確定申告することにより
 ・配偶者控除の対象、配偶者手当の対象から外れる
 ・国民健康保険、国民年金の負担を強いられる
可能性もあります。ご注意を。

☆損失の繰越
確定申告年度において損失が出ている場合は、確定申告することにより翌年度以降3年間その損失を繰越し、翌年度以降に出た利益と相殺することが出来ます。ただし、継続して確定申告書を提出することが条件になります。

☆源泉所得税の還付
所得が低い場合、または税金がかからない場合は、配当を総合課税(他の所得と一緒に課税)するこにより、源泉徴収された所得税を還付してもえることがあります。ただし、高額所得者は総合課税すると逆に損になりますので、ご注意を。



FXの場合は少しややこしいです。通常、FXで儲けた利益は雑所得といって、給与とか他の所得と一緒に課税する総合課税(累進課税で5%〜40%)の対象なのですが、「くりっく365」を選択していれば利益に対して20%の分離課税(FXの儲けだけで判断する課税の方法)ですみます。ただし「くりっく365」が選択可能かどうかは取引業者によりますので税金のことを考えるなら業者選定も重要ですので、ご注意を。
・損益通算は日経225先物取引のみ
・相対取引の場合、雑所得と損益通算可能だが、株取引とは損益通算できない
・相対取引の場合、翌年度に損益繰越はできない


また確定申告をする場合には、金融関係に詳しい税理士にご相談下さい。税理士といってもすべての税理士が株式・FX・投資信託etcの金融商品に詳しいわけではないので。
(保険の税制は結構みんな詳しいですけど)


今回のポイント
・特になるのなら確定申告しましょう。
・判断にまよう場合は、金融税制に詳しい税理士にご相談を。



なお、現在進行形のまま止まっているマンションの税金は
・消費税編
・印紙税編
・固定資産税編
・会社設立編
(・所得税編)
とあるのですが、まずは確定申告に関係ある内容を優先させるため確定申告が終わった4月以降に再開予定です。


P.S.
来年度以降に金融商品に対する所得を一括して課税する案もでてますので、注視ください。
参考URL : 財務省の税制改正の内容



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。