IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.077522秒
組織がうまくいくポイントとうまくいかないポイントはどこにあるのだろうか?


今年New England Patriotsがパーフェクト・シーズン(シーズン無敗)を達成しそうである。
近代NFLでは過去1チーム1972年のMiami Dolphinsしか成し遂げていない快挙である。


確かに今年のNew Englandは最初から下馬評が高かった。
2001、2003、2004シーズンで3度のNFL制覇を達成し「Dynasty」と称えられたチームの
中心メンバーである名将ビル・ベリチック、QBトム・ブレイディ、DTリチャード・シーモアに加え
今年はWRランディ・モス、LBアデリアス・トーマスといった大物選手が加入したのだ。


しか〜し ランディ・モスと言えば能力に疑いの余地はないものの、いわゆるトラブルメーカー。
うまくいけばパーフェクト・シーズンも可能だが、失敗すればチーム崩壊の危険性もはらんでいたのだ。
それをうまく乗り越え、トム・ブレイディはペイトン・マニングの最多TDパスを
ランディ・モスはジェリー・ライスの最多TDパスキャッチの
NFL記録を更新する可能性を最終節に残している。


NFLは個人能力もさることながらチームとしての完成度が一番重要である。
以前RBコーリー・ディロンをチームプレイヤーに仕立て上げた
 ベリチックの指導力
 ブレイディのリーダーシップ
がいかんなく発揮され、スーパースターをうまく使いこなしているのだ。
ランディ・モスはスーパープレーを連発するだけでなく
ブロックといったチームプレーもこなしながらも
きっと気分よくプレーしていることだろう。


どの企業にもスーパーマンはいる。
しかし彼らが能力を発揮し、気分よく働けているか。
彼らはどちらかという一匹狼的な要素もある。
それを組織に融合させながら能力を発揮する環境を整える、
それこそトップの重要な役割ではないか
、僕はそう思う。


P.S.今年のConference FinalはNFC、AFCともに期待大!



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
  電話 : 0774-39-4129
  FAX  : 0774-39-4156
  HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
  メールはこちらをクリック
  (*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。