IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Jun.2019
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.10566秒
ここ数年、台風をはじめ自然災害がとても多いです。
そんなときに役立つのが損害保険です。

弊社のお客さんでも台風の被害による請求をよく聞きます。
そのためか、2019年10月から火災保険料をあげるというニュースがあります。
参考URL : ニュースを確認するにはここをクリック

お客さんの話でよく聞くのが
  保険事故はあったのに保険金がもらえなかった!!!
  把握していた金額より少なかった!!!

という問題です。



実は、昔の火災保険は
  時価払い
  台風の場合、損害額が20万程度以上でないと保険が受け取れない(「フランチャイズ」というらしいです)

ということが多々あります。

■時価払
   「同等のものを新規に建築・購入する場合に必要な金額 - 経過年数による価値の減少額」です。
  建物や家財などの現在価値(会計的に言えば、減価償却後の簿価です)です。

■フランチャイズ
  「一定額以上の損害でないと保険会社から保険金を支払われない一定金額のこと」です。
  つまり20万円以下の被害の場合は、自己負担になります。


時価払の場合は、補償額がその修理金額以下であれば全額払ってもらえるかと言えば
そうではないケースもあるので注意が必要です。

簡単に言うと見積金額より減額されてしまうため
  修理費用が満額受け取れず修理ができない
  修理のために高額な自己負担をしなければならない

ということが起こってしまいます。
特に火災保険のように金額が大きい際にはこういう自体が起こりえます。



また、保険の加入が間違っていたために
  超過保険になっていたため、余分な保険料を支払っていた
  一部保険(安い価格の設定になっていた)になっていたために保険金を減額されてしまった
という加入時点でのミスもあります。



新しい火災保険は再取得価格ですし、20万円以上の損害でないと支払えないというトラブルをなくすこともできます。
保険料もあがることですし、現在加入中の保険が正しく加入できているか確認してみてはいかがでしょうか。
火災保険の見直しはドリームプラス担当者までご相談ください。
専門家と一緒に訪問し、一緒に検討させていただきます。



【文責 : 梅川 大輔】



【社員募集のご案内】

税理士法人ドリームプラスでは社員を募集しています。
募集人数は複数名です。



■応募資格
・40歳ぐらいまでの方
・若手未経験者、税理士科目合格者、会計事務所経験者(特にTKC事務所出身者優遇)
・一般的なアプリケーション(ex. エクセル、ワード)、PCメール
 携帯メール、インターネットを使える方
・普通免許



応募はメールにて随時受け付けています。
詳細は弊社HPをご参照ください。
数多くのご応募お待ちしております。
こんにちは。
今週は藤本が担当致します。

年末ですね"(-""-)"
皆様いかがお過ごしでしょうか。

弊社は12月28日まで営業しておりますので
ご質問等ございましたら何なりお問合せの程
宜しくお願い申し上げます。


さて、年末ということで
忘年会に行っていました(^^♪

今回は田辺にある
ニクジローさんにお邪魔してきました。
社長ありがとうございました。


ご興味がおありの方は
下記を参照ください。

https://2926.owst.jp/

話は変わりますが
弊社は、毎週金曜日に事務所内の勉強会を行っています。

先週の発表は黒田でした。
内容が『内臓脂肪』に関する本を読んで…
藤本に対する警告でしょうか(笑)

内容を聞くと
内臓脂肪の判定には腹囲、BMI、その他もろもろの
数値でざっくり判断できるとの事です。

腹囲 … ギリギリセーフ
BMI … メタボ
その他 … 恐らくメタボ

再度、ダイエットを頑張ることを決意いたしました(*_*)


それではこの辺で失礼いたします。
忘年会の時期ですが暴飲暴食には
お気を付けください。


【文責:藤本】
こんにちは(^.^)

今週は藤本が担当いたします。

急に寒くなりいよいよ冬へ突入ですかね(-_-;)

体調にはお気をつけください!


いよいよ、年末調整ですね!
今年から、配偶者特別控除改正により◯扶、◯保の二種類に加え◯配という申告書類が新たに追加となりました。

書き方がご不明な場合は弊社の担当にお問い合わせのほどよろしくお願いします(^0_0^)



さて、突然の質問ですが皆様自動車保険はご加入されていますか?

恐らく皆様のご回答は『もちろん!』と、答えていただけると思います。

理由は不測の事故等で賠償責任を負うリスクをマネージメントするためだと思います。

車購入=任意保険が、当たり前のようになってますね。

では、借入をされたときはどうでしょう?

借入金=会社のリスク
と、思っていただけ方は、車両購入の場合と比べ少ないのではないでしょうか?

金融機関からの無担保無保証融資であれば、会社が倒産した場合も、経営者様へ負債がのし掛かることはないと思います。

多くの場合は、保証協会付融資やプロパー融資であっても経営者様が連帯保証をまいておられるケースだと思います。

連帯保証をまいておられる場合は

会社の負債=経営者様の負債(相続財産)となります。

資金繰りが悪くとも自動車保険に入られるように、借入金に対する保険も経営者様のご家族や従業員様を守るために必要ではないでしょうか?

1つの考え方として問題提起出来ればと思い綴らせていただきました(^.^)

会社のリスク算定は決算毎にやっておりますので、お渡しさせていただいている資料を見ていただければと思います。


それでは今日はこの辺で失礼いたします。



【文責:藤本】

こんにちは。

税理士法人ドリームプラスの大谷です。

前月ブログを更新してから色々災難がありましたね。


地震に始まり、西日本豪雨、そして猛暑。
今年の西日本はどうなってるのかと思いますね。


特に気温に関しては、7月20日現在で
6日連続で38度以上したという記録が出ているそうです。


最高気温は39.4度で、これは明治に観測記録を始めてから
平成6年と並ぶタイ記録だそうです。


先日もニュースを見ていたら京都の拘置所で収容されている方が
熱中症で病院に搬送されたみたいなのですが、水分補給は朝昼晩のお茶とスポーツドリンク(500ml)1本だったそうです。


このことがあってスポーツドリンク2本に増やしたそうですが、個人的にこの暑さで2本でも少ないやろと思いますね。


まだまだこの先暑さが続くみたいですが私も水分補給は十分に行い体調管理には気をつけたいと思います。
みなさんも体調にはくれぐれも気をつけてください。


それでは今週はこの辺で失礼します。


【文責:大谷】



こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。


ゴールデンウィークのお休み明け一発目のブログは楠橋が担当させていただきます。

お休みの気分から気分を切り替えないといけませんね。


『気分の切り替え』という意味では、弊社のHPも近々リニューアルする予定です。

まずは、事務所の駐車場の案内を見やすくリニューアルしていますオッケー




http://www.dreamplus.co.jp/company/index.html


No.15~17が弊社の駐車場です。

No15とNo17の場所には看板を設置しております。

間に挟まれているNo.16の場所に看板はありませんが、駐車していただいて大丈夫です。


次にリニューアルを予定しているのは、

『社員紹介』

http://www.dreamplus.co.jp/company/index.html#pro


 ・黒田さんから見たスタッフごとの良いところ

 ・スタッフから見た黒田さんの良いところ

 ・巡回する社員の写真


の更新を予定しています。


前回の更新時には黒田さんが入社して間もなかったため、comingsoonという形となっていました。


楠橋から見た黒田さんは…

公認会計士という会計の知識もさることながら、

PC操作も卓越しており教えてもらうことも多く、

とても頼りにしている黒田さんです。


はてさて、楠橋は黒田さんからどう見られているのか・・・

次の更新をドキドキしながら楽しみにしております。

【文責:楠橋 歩】
今更かもしれませんが、 弊社の事務所の駐車場の場所をご紹介したいと思います。 星印がドリームプラスの位置、 赤丸が駐車場の位置を示しています。 スターバックスの後ろにある駐車場の15~17番がドリームプラスの駐車場です。 確定申告の時期があらかた過ぎてしまいましたが、 万一お越しになられる際はご参考にしていただければと思います。 【文責 : 黒田 浩之】 
みなさん、明けましておめでとうございます。

税理士法人ドリームプラスの大谷です。


新年最初のブログですが、早いものでもう1月も終わりですね。

1月が終われば、2月16日より確定申告が始まりますね。


私自身、税理士事務所に就職して初めての確定申告です。

ですので確定申告に関しての知識はありません。

まあ周りの方々の意見を聞くと

大変そうなので、

確定申告が終わる3月15日を乗り切れるのか非常に不安な気持ちになります。


ただこういった大変な業務に従事することによって

自分自身成長することが出来る、出来ていなくても

そう思うようにしてなんとか乗り切りたいと思います。。


それではみなさん、来月のブログで元気な姿は無理かもしれませんが

またお会いしましょう。


それでは今月はこの辺で失礼します。



【文責 : 大谷 紘一】






あけまして おめでとう ございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。




2018年がはじまりました。
どんな年になるか、とても楽しみな梅川です。



毎年Blogに書いていることのおさらいになりますが
今年も最初の1本目のBlogは計画・目標について、考えてみたいと思います。

2017年から新たに読んでいただく方、事務所通信を送信させて頂く方がおられるので
もう一度整理しておきます。
決して正月からサボっているわけではないですよ。。。



税理士法人ドリームプラスは12月決算です。
法人も個人も1月~12月が1年となります。


【法人】

ドリームプラスは年内(2017/12/28)に社員向けに経営計画を発表しております。
経営計画のタイトルはこんな感じです。
 1.Our Purpose
 2.Our company
 3.Our Value
 4.Our Policy
 5.Our Staffs
 6.2017年度 重点活動テーマの確認
 7.2017年の残課題
 8.2024年の目標
 9.2024年組織図
 10.中期経営目標
 11.H30年度 重点活動テーマの確認
 12.2018年組織図
 13.チームの役割
 14.各個別行動計画




そもそもドリームプラスの存在価値ははなにか、お客さんに何をデリバリーすべきか
この1年間に社員がなにを基準に行動すべきか
どうやって評価されるのか、その数値はどうやって計測するのかが
整理されているものです。
代表者である梅川及び社員が悩んだときに判断基準となるものです。



5年程度の期間の計画も作成することで、将来的なイメージが出来ます。
  社会はどういう変化するのだろうか?
  どのタイミングで社員を採用すればいいか?
  5年後に向けてどうやって成長させればいいか?
  どのポジションにどれぐらいの人が必要で、その人達にどんな業務をしてもらうか?
  売上増やすために顧客数の増加・業務範囲の拡大をどうするか?
普段はあまり考えていない長期的視点で会社を俯瞰して考えることが出来ます。


一方で短期計画はすべてを財務諸表の数値に落とし込んでいきます。
年間の売上は?人件費は?設備投資は?決算対策は?資金繰りは?
各科目を細分化(会計の補助と一致させる)、毎月に細分化して予実管理出来るようにします。



経営計画立案をご希望の方はドリームプラス担当者までお気軽にご相談下さい。



【個人】

2012年から1年の目標を100個つくっています。

100個というと大変だねぇ~と言われそうですが
簡単な目標ですので、逆に大変ではないです。



 2009年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

 2012年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

 2013年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

 2016年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

目標を100個たてるこつを2016年のBlogを改定して再掲します。



■ カテゴリをつくる

 仕事、家族、グルメ、人間関係、スポーツ、ファッションetc
 カテゴリを10個決めてしまいます。各カテゴリごとに10個に細分化すればOKです。
 カテゴリごとに多い少ない(優先順位)をつけるとよりベターです。



■ 目標を全部達成しない

 100個目標を作るとすべて達成しないとダメのようですが
 実際はそんなことはありません。

 Umeの2017年度の目標達成率は
   64% = 64 / 100
 です。
 目標をたてなかったより、充実した1年だったと思います。



■ 目標を持ち越す

 2017年に達成できなかった目標は2018年のベースとなります。
 2017年に達成できなかったけど、2018年の目標としないものもあります。
 目標として常に意識しないと達成しにくいものは、逆に毎年いれておきます。



■ 目標を見直す

 1年の最初にたてた目標のころと1年中状況が同じであれば
 見なおす必要はないかもしれませんが、状況は変化します。
 そのときどきに応じて見なおせばよいと思います。



■ 単位を考える

 本を読むという目標があります。
 年間目標は50冊ですが、目標は
  本を30冊読む
  本を20冊読む
 です。

 50冊読めば2単位獲得です。
 50冊を1単位にしてしまって、年末に読まなくなる可能性を除外できます。



■ 進捗状況を確認する

 毎週進捗状況をチェックします。
 実績欄・想定欄にコメントを記入します。
 進捗割合を表示しているので、毎週ポイントが上がるのが楽しみです。



■ ランク付けする

 本を読むという目標は
   Aランク ・・・ 本を30冊読む
   Bランク ・・・ 本を20冊読む
 にしています。
 計画時点でA・B・Cそれぞれ50%・25%・25%程度にしています。

 カテゴリとあわせて予定・進捗を管理することで
 バランスよく人生をすごすることが出来ます。

 エクセルで管理すればピボットテーブルで簡単に集計できます。



■ 翌年度の目標をメモる

 期中に思いつく目標があります。
 でも今年する必要のないものは来年にまわします。



■ 長期間かかる目標を細分化する
 Umeが日本全国すべての都道府県を制覇しているので
 子供にも全国制覇を達成してあげたいと思います。

 1年で全国制覇するのは不可能です。
 毎年2都道府県を制覇出来れば、23歳までに達成出来ます。
 23年間、毎年の目標は「2都道府県制覇」になります。
 ちなみに11歳の娘は39都道府県、6歳の娘は37都道府県制覇です。


■ 実績を重複させる
 1つ1つが独立していると100個達成するのは大変です。
 例えば
   XXさんに逢う
   BBQを5回する
 というのがあれば
   XXさんとBBQする
 にしてしまえば一石二鳥です。



目標をたてないよりは、たてた方が達成はしやすいです。
判断基準も明確で、迷いがなくなります。

でも目標だけに振り回されずに「達成できればいいよねぇ~」
ぐらいのスタンスでいれば気も楽です。

今年も充実した1年になるといいですね♪



【文責 : 梅川 大輔】
こんにちは
税理士法人ドリームプラスの大谷と申します。

つい最近までの暑さが嘘のように最近寒さが厳しくなってきました。
寒くなってくると朝布団から出るのが億劫になり、ついつい二度寝してしまったりするもんですよね。


最近では絶対に二度寝しない目覚まし時計なんかが話題になってたりするんです。
どういった仕組みになってるかというとまず目覚まし時計の形状は体重計のような形をしています。
そして時間になると目覚ましが鳴ります。

ここまでは形以外は、従来の目覚まし時計と何ら変わりはないんですが
この目覚まし時計はただボタンを押しただけでは音が鳴りやまないんです。

どうすればよいかというと起き上がって、体重計に乗るような感じで目覚まし時計に乗り
5秒ほど立てば音が鳴りやむというシステムです。

というかここまでしないと起きられない人間は多分この目覚まし時計をもってしても
おそらく二度寝すると思います。
結局、起きられるか起きられないかは人間の強い意志にかかってくるんではないでしょうか
ということを自分に強く言い聞かせる今週の大谷でした。

ではこの辺りで失礼させていただきます。


【文責 : 大谷】


暑い夏が過ぎて、そろそろ寒い冬がやってきます。
とうとう年末調整から確定申告の始まります。
そ~言えば本日は○○回目の誕生日です。
「さ~ がんばろっと♪」と思いたい梅川です。




みなさんは2010年にチリのサンホセ鉱山で
落盤事故が起きたのを記憶していますでしょうか。
地下約700mに33人の作業員が69日間も閉じ込めらていたのに
全員無事に生還したあの事件です。



これを少し経営的視点で考えてみたいと思います。
全員生還したのは理由の1つにあげられているのが
物事を分けて考えたということです。
なにを分けたのか?

■食料を分けた
■場所・時間を分けた
■役割を分けた



以上の3点です。
ちょっとサザエさんちっくですね。
もう少し詳しく見てみましょう。



■食料を分けた

備蓄されていた食料は3日分しかなったそうです。
ないと分かればパニックになって全員で争奪戦です。

まずは残食料を把握し、助かるまでの期間を想定し
全員に均等になるように配分計算したそうです。
非常に少ないですが。。。



■場所・時間を分けた

全員を3チームに分けて、それぞれにリーダーを指名しました。
全33人を一人で統率するのはとても無理があります。
人間が把握できる人数は3~5人と言われています。

8時間ごとに睡眠時間、自由時間、作業時間の3区分にし、3交代制にしました。
場所も睡眠場所、飲食場所、その他の場所に3区分しました。



■役割を分けた

全員に役割与えて、なにをすればいいかを明確にしました。
新たな落盤を注意する役割、飲水の確保をする役割、地上との連絡する役割
さまざまな役割があったようです。

全員の役割を統合すると重複なく、漏れなく全体が構成されることになり
かつ、自分の役割さえ出来ていれば他の心配しなくていいということです。



平等でいつどうなるかがある程度分かっていれば
人は安心してパニックにならずにすみます。
そして落盤事故から17日後、とうとう地上とつながり
食料補給もされ、助かる希望がわいたそうです。



確か聖書には
  人はパンだけで生きるのではなく
  神の口から出る一つ一つのことばによる
とあります。
希望があってはじめて生きていけるんですね。
クリスチャンではありませんが、たぶん同志社出身なんで。。。



リーダーが決めた分けるということを全員が守ったということも素晴らしいですね。
正しいアクションプランとそれを遵守する規律があってはじめて
組織が機能するということです。



分けて考えるということをもう少し考えてみたいと思います。
次回に続きます。



【文責 : 梅川 大輔】