IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Jan.2018
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.087562秒
明けましておめでとうございます!(^^)!
皆様お正月はいかがだったでしょうか。

今週は藤本が担当致します。


各所で雪が降り本格的な
冬本番ですね。

こんな寒い日は外に出ず
家の中でゆっくりしたいですね。


寒くなってからそんなことばかり考えていましたので
ダイエットにも陰りが見えてきました。

長らく載っていなかった体重計に
載ってびっくり(心臓が止まりかけました。)
なんと大代の80キロに…

頭真っ白です。。。

医者からは70キロまで5キロ痩せてくださいね~
と言われていましたが

5キロ太ってしまいました。
まだまだ病院の受診は遠そうです。(笑)

5キロ太る前にせめて1キロ太った時点で
気づいていれば…
(計画は立てていましたが行動とチェックができていなかったです。)

社長にはPDCAしっかりしてくださいね
と言っているのにも関わらず自分はできておりませんでした。

反省ですね。
その為、絶賛ダイエット中です。
頑張ります。


今日はこの辺で失礼いたします。



【分析:藤本】


あけまして おめでとう ございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。




2018年がはじまりました。
どんな年になるか、とても楽しみな梅川です。



毎年Blogに書いていることのおさらいになりますが
今年も最初の1本目のBlogは計画・目標について、考えてみたいと思います。

2017年から新たに読んでいただく方、事務所通信を送信させて頂く方がおられるので
もう一度整理しておきます。
決して正月からサボっているわけではないですよ。。。



税理士法人ドリームプラスは12月決算です。
法人も個人も1月~12月が1年となります。


【法人】

ドリームプラスは年内(2017/12/28)に社員向けに経営計画を発表しております。
経営計画のタイトルはこんな感じです。
 1.Our Purpose
 2.Our company
 3.Our Value
 4.Our Policy
 5.Our Staffs
 6.2017年度 重点活動テーマの確認
 7.2017年の残課題
 8.2024年の目標
 9.2024年組織図
 10.中期経営目標
 11.H30年度 重点活動テーマの確認
 12.2018年組織図
 13.チームの役割
 14.各個別行動計画




そもそもドリームプラスの存在価値ははなにか、お客さんに何をデリバリーすべきか
この1年間に社員がなにを基準に行動すべきか
どうやって評価されるのか、その数値はどうやって計測するのかが
整理されているものです。
代表者である梅川及び社員が悩んだときに判断基準となるものです。



5年程度の期間の計画も作成することで、将来的なイメージが出来ます。
  社会はどういう変化するのだろうか?
  どのタイミングで社員を採用すればいいか?
  5年後に向けてどうやって成長させればいいか?
  どのポジションにどれぐらいの人が必要で、その人達にどんな業務をしてもらうか?
  売上増やすために顧客数の増加・業務範囲の拡大をどうするか?
普段はあまり考えていない長期的視点で会社を俯瞰して考えることが出来ます。


一方で短期計画はすべてを財務諸表の数値に落とし込んでいきます。
年間の売上は?人件費は?設備投資は?決算対策は?資金繰りは?
各科目を細分化(会計の補助と一致させる)、毎月に細分化して予実管理出来るようにします。



経営計画立案をご希望の方はドリームプラス担当者までお気軽にご相談下さい。



【個人】

2012年から1年の目標を100個つくっています。

100個というと大変だねぇ~と言われそうですが
簡単な目標ですので、逆に大変ではないです。



 2009年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

 2012年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

 2013年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

 2016年の計画たてるこつをチェックするにはここをクリック

目標を100個たてるこつを2016年のBlogを改定して再掲します。



■ カテゴリをつくる

 仕事、家族、グルメ、人間関係、スポーツ、ファッションetc
 カテゴリを10個決めてしまいます。各カテゴリごとに10個に細分化すればOKです。
 カテゴリごとに多い少ない(優先順位)をつけるとよりベターです。



■ 目標を全部達成しない

 100個目標を作るとすべて達成しないとダメのようですが
 実際はそんなことはありません。

 Umeの2017年度の目標達成率は
   64% = 64 / 100
 です。
 目標をたてなかったより、充実した1年だったと思います。



■ 目標を持ち越す

 2017年に達成できなかった目標は2018年のベースとなります。
 2017年に達成できなかったけど、2018年の目標としないものもあります。
 目標として常に意識しないと達成しにくいものは、逆に毎年いれておきます。



■ 目標を見直す

 1年の最初にたてた目標のころと1年中状況が同じであれば
 見なおす必要はないかもしれませんが、状況は変化します。
 そのときどきに応じて見なおせばよいと思います。



■ 単位を考える

 本を読むという目標があります。
 年間目標は50冊ですが、目標は
  本を30冊読む
  本を20冊読む
 です。

 50冊読めば2単位獲得です。
 50冊を1単位にしてしまって、年末に読まなくなる可能性を除外できます。



■ 進捗状況を確認する

 毎週進捗状況をチェックします。
 実績欄・想定欄にコメントを記入します。
 進捗割合を表示しているので、毎週ポイントが上がるのが楽しみです。



■ ランク付けする

 本を読むという目標は
   Aランク ・・・ 本を30冊読む
   Bランク ・・・ 本を20冊読む
 にしています。
 計画時点でA・B・Cそれぞれ50%・25%・25%程度にしています。

 カテゴリとあわせて予定・進捗を管理することで
 バランスよく人生をすごすることが出来ます。

 エクセルで管理すればピボットテーブルで簡単に集計できます。



■ 翌年度の目標をメモる

 期中に思いつく目標があります。
 でも今年する必要のないものは来年にまわします。



■ 長期間かかる目標を細分化する
 Umeが日本全国すべての都道府県を制覇しているので
 子供にも全国制覇を達成してあげたいと思います。

 1年で全国制覇するのは不可能です。
 毎年2都道府県を制覇出来れば、23歳までに達成出来ます。
 23年間、毎年の目標は「2都道府県制覇」になります。
 ちなみに11歳の娘は39都道府県、6歳の娘は37都道府県制覇です。


■ 実績を重複させる
 1つ1つが独立していると100個達成するのは大変です。
 例えば
   XXさんに逢う
   BBQを5回する
 というのがあれば
   XXさんとBBQする
 にしてしまえば一石二鳥です。



目標をたてないよりは、たてた方が達成はしやすいです。
判断基準も明確で、迷いがなくなります。

でも目標だけに振り回されずに「達成できればいいよねぇ~」
ぐらいのスタンスでいれば気も楽です。

今年も充実した1年になるといいですね♪



【文責 : 梅川 大輔】
あけましておめでとうございます。


税理士法人ドリームプラスの黒田 浩之(くろだ ひろゆき)と申します。


昨年の12月1日よりドリームプラスに勤務させていただいております。

以前は某県にある事業会社の経理部に勤務しておりました。

試験を受ける前からの念願の「会計事務所」に勤めることができ、

とてもありがたく思っております。

実務経験を深めるとともに、資格取得を早く終わらせ、

お客様と事務所の役に立てるよう努める所存であります。

何卒よろしくお願い申し上げます。



【文責 : 黒田 浩之】
こんにちは

税理士法人ドリームプラスの大谷と申します。

今年も早いものでもう12月ですね。

毎年一年が早く感じるものですが今年は特に一年が過ぎるのが早く感じました。

資格取得に向けて専門学校に通い始めたり、就職したり自分の中で大きく環境が変わったことが
その要因になってると思います。

なので来年はもっと大きな目標を立てて、その実現に向けて努力し
今年以上に充実した一年を送れるように頑張りたいと思っております。

今年最後のブログが、誰も興味の無いような自己啓発話になってしまいましたが、
お付き合いいただきありがとうございました。

それではみなさん良いお年をお迎えください。

そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。


【文責 : 大谷 紘一】

こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。


12月になり、すっかり年の瀬ムードですね。

3歳の上の子の保育園でクリスマス発表会を見てきました。

家でも発表会のセリフを練習したりとやる気満々だったのですが、

いざ本番になると、嬉しさと恥ずかしさからなのかこっちに向かって手を振ることに集中してしまっていました。


普段寝る前などは「あっち行って」と一緒に寝ることを拒否されている楠橋からすると

わが子に手を振ってもらえてめちゃくちゃ嬉しかったです音符



クリスマスが終わると、あっという間に平成30年になってしまいますね。

今年中にやろうと思っていたことをやり残していることはありませんか??


小規模共済の増額・ふるさと納税・贈与etc・・・

今年中じゃないといけないことも多いですから要チェックです。


今年の楠橋担当のブログは今回が最後です。

世間話も多い楠橋の拙い文章でしたが、御覧いただきましてありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。


【文責 : 楠橋 歩】



こんにちは。

今週は藤本が担当いたします。
寒くなりましたね(^^)

今年は例年より雪が早く降っているみたいですので
ボードに行くのが楽しみです(^^♪


本日は確定申告のご案内です。


弊社では、12月中に可能な限り
確定申告の資料を集めたく思っております。

全部の資料が揃っておられなくとも
結構です(10月分迄でも11月分まででも結構ですし
医療費の領収書のみでも結構です)。

お手すきの際に
①弊社にお持ちいただくか
(城陽事務所にお持ちいただく際は事前に連絡をお願いいたします。℡0774-39-4129)

②弊社までご郵送をお願いいたします。
(京都府京田辺市山手東1-2-7 クリニックステーションビル401)


法人様で個人の確定申告が必要な方は
12月巡回時に可能な範囲で弊社担当にお預けいただければと思います。


今年も後少しとなりましたが
よろしくお願い申し上げます。


追伸
ふるさと納税をご希望の方で
まだされていない方は、下記サイトで行って頂けます。

https://www.furusato-tax.jp/

限度額や寄付方法がご不明な方は
弊社までお問い合わせの程、よろしくお願い申し上げます。


それでは今日はこの辺で失礼いたします。


【文責:藤本】
寒くなってきたらビール派から日本酒派に変身します。
熱燗って美味しいですよねぇ
でも飲んでいると自分がおっさんみたいに思えます。
えっ。すでにおっさんになっている?
自他ともに認めるおっさんの梅川です。



前回のまとめ
2010年に起きたチリのサンホセ鉱山の事故では
 食料
 場所・時間
 役割
を分けて管理することでパニックならずに無事生還できたという話でした。
 前回のBlogを確認するにはここをクリック


では経営的にも分けて考えてみることにしましょう。
売上を上げたいとします。
誰でもそう思うって?
そうでしょうねぇ
祈っても売上は伸びません。



よくある式ですが

  売上 = 客数 × 客単価

というのがあります。

売上を伸ばすためには
  客数を増やす
  客単価を上げる

のどちらということになります。
もしくはどちらもということです。



もう少し分解してみましょう。

  客数 = 既存顧客 + 新規顧客 - 流出顧客

  
です。
つまり
  新規顧客が増やす
  流出顧客を減らす

ということになります。
一般的には、「新規顧客が増やす」より「流出顧客を減らす」方が簡単だと言われます。
さらに新規を増やすには費用(特に広告宣伝費)が必要です。
流出顧客を減らすように既存顧客に対するケアが重要ということです。



客単価で分解すると

  客単価 = 点数 × 単価 × 購入頻度
 
になります。
同様に
  購入商品数を増加させる
  購入商品単価を上げる
  購入頻度(リピート頻度)を増やす

ということです。
どれがいいかは業界により違ってくるでしょう。
税理士業界が購入頻度を増やす、つまり決算の回数を増やすということは考えにくいです。
よく聞くアップセルやクロスセルっていうのも商品単価を上げる手法のことです。



売上をあげるためには上記5つの因数のどこがやりやすいのか
どこならコストをかけずに対策できるのかを考える必要があるということです。

5つすべての因数が1.1倍になるだけで
 1.1 × 1.1 × 1.1 × 1.1 × 1.1 ≒ 1.6
と1.6倍にもなります。

もし1.2倍になれば
 1.2 × 1.2 × 1.2 × 1.2 × 1.2 ≒ 2.5
2.5倍にもなります。
まあそんなうまいことはいきませんし、売上が2.5倍になったらオペレーションが大変です。。。



いずれにしても分けて考えることで漠然とした売上げアップも
少し科学的に考えられそうな気がしませんか?
中学生のときに勉強した因数分解ってなにの役に立つんだ!と思ったかもしれませんが
実は売上も因数分解することで考えやすくなることもあるんです。
一度試してみて下さい。



【文責 : 梅川 大輔】
こんにちは
税理士法人ドリームプラスの大谷と申します。

つい最近までの暑さが嘘のように最近寒さが厳しくなってきました。
寒くなってくると朝布団から出るのが億劫になり、ついつい二度寝してしまったりするもんですよね。


最近では絶対に二度寝しない目覚まし時計なんかが話題になってたりするんです。
どういった仕組みになってるかというとまず目覚まし時計の形状は体重計のような形をしています。
そして時間になると目覚ましが鳴ります。

ここまでは形以外は、従来の目覚まし時計と何ら変わりはないんですが
この目覚まし時計はただボタンを押しただけでは音が鳴りやまないんです。

どうすればよいかというと起き上がって、体重計に乗るような感じで目覚まし時計に乗り
5秒ほど立てば音が鳴りやむというシステムです。

というかここまでしないと起きられない人間は多分この目覚まし時計をもってしても
おそらく二度寝すると思います。
結局、起きられるか起きられないかは人間の強い意志にかかってくるんではないでしょうか
ということを自分に強く言い聞かせる今週の大谷でした。

ではこの辺りで失礼させていただきます。


【文責 : 大谷】


こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。



9か月の下の子がすでに伝え歩きするまでに成長し、

隔離するベットの中を縦横無尽に駆け回っています。


そんな元気な姿を見せている娘は先月の8か月検診で病院に行くように指示を受けました。

心臓の左心室と右心室を隔てる壁に小さな穴が開いている

『心室中隔欠損症』という先天性の心疾患が見つかったところです。


話を聞いたときは驚きましたが、既に穴が閉じかけている状況で

特段、心配することはないとのことでした。



私もつい先週に健康診断を受けたところですが、

驚愕の結果が・・・






視力が

裸眼で0.2 ⇒ 眼鏡で0.4

そりゃ最近見にくいと感じていたわけですね。


車の運転でも危険なので、すぐにレンズを変えてもらいました。

すがすがしい景色を堪能できるようになりました♪



検診って面倒ですが、意外と問題点がわかって改善につながることが多いですよね。




人間ドックや検診は基本的に医療費控除の対象に含められませんが、

異常が見つかり治療が始まった際には医療費控除に含めることができる場合があります。

そういった場合は担当者にお伝えいただきますようにお願いいたします。

タックスアンサー
No.1122 医療費控除の対象となる医療費
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122_qa.htm#q1

【文責 : 楠橋 歩】

こんにちは。

今週は藤本が担当致します。

最近は寒くなってきましたね。
皆様体調はいかがでしょうか?

さて今回は、年末が近づいて来てますので
年末調整がらみのおはなしです\(^^)/

H30年度より配偶者特別控除の枠が
拡大されます。

テレビ等で情報が出回っているため
従業員さんが会社に問い合わせをされる
ことも多くなってくるかと思いますので
注意点等をまとめてみました。

【改正の概要】
・配偶者控除(103万円の壁)は、現状のまま。
 配偶者様の収入が給与のみの場合は収入額が103万円以下
 ですと所得控除を受けることができます。


 *納税者の所得要件により控除額が変更となりました。 
  給与収入金額1,120万円以下       …38万円
  給与収入金額1,120万円超1,170万円以下  …26万円
  給与収入金額1,170万円超1,220万円以下  …13万円
  給与収入金額1,220万円超        …0万円

・配偶者特別控除
 改正前は、配偶者様の収入金額(103万円<収入<141万円)に応じ
 段階的に控除額が減少(最低3万円~38万円)していました。
 *納税者の所得制限がありました(給与収入金額1,220万円以下)。 

 改正後は納税者、配偶者の収入区分に応じ下記のようになりました。

 納税者の給与収入区分          配偶者の収入     控除額
 給与収入金額1,120万円以下      103万円超150万円以下 38万円
                    150万円超201万円以下 3万円~36万

 給与収入金額1,120万円超1,170万円以下 103万円超150万円以下 26万円
                    150万円超201万円以下 2万円~24万
 
 給与収入金額1,170万円超1,220万円以下 103万円超150万円以下 13万円
                    150万円超201万円以下 1万円~12万


 給与収入金額1,220万円超           関係なし     0円
 


ざっくり上記のような改正です。
複雑で分かりにくいですね。。。



納税者の給与が1,120万円以下の方を例にとり
説明させていただきます。

今年(H29年度)までは
配偶者の方がパート等で働かれている場合
MAXの38万円の控除を受けようと思うと
給与収入を103万円におさえていただく必要が
ありましたが、本改正後(H30年以降)は配偶者の
給与収入総額が150万円まではMAXの38万円の控除が認められますよ
との改正です。

注意点もあります。
 ①社会保険の扶養
  上記改正は税法の改正です。
  社会保険の扶養要件の改正はされておりませんので
  配偶者様を社会保険上の扶養に入れるためには現状の130万円未満の判定となります。

 ②扶養手当等
  会社によっては扶養手当の規定が定められている会社があります。
  扶養手当支給の要件が配偶者の給与収入103万円以下(控除対象配偶者のみ)と
  定めている会社もありますので、事前に会社に確認されることをお勧めいたします。

 ③改正はH30年度から
  今年(H29年度)の年末調整は上記改正の規定の適用はなく
  従来通りの判定になります。

上記が注意点かなと個人的には
思っています。

当面は扶養手当に影響がないようでしたら
H30年以降は129万円で止めていただくのが得策でしょうか。


長くなりましたが
今日はこの辺で失礼いたします。


【文責:藤本】


【参考文献】
https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/