IT系税理士(?)のなんでも聞いてちょうだい!税理士 大阪・枚方・京都・宇治・城陽・奈良 会計・税務なら、ITを熟知した税理士法人ドリームプラスにぜひお任せくだい!

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.086449秒
ハンナリーズは開幕から2連勝!
2日とも応援に行ったかいがありました。

幸先のいいスタートをきったうえに千葉にも一勝一敗と
今年は!と期待している梅川です。



現金商売をする上でもっとも重要なことの1つに
  現金管理
があります。

も~これが商売のすべてと言っていいほどです。
現金商売とは
 ・飲食店
 ・小売店
 ・美容室
とかですね。



税理士事務所も現金を扱うことはあります。
旧態依然とした事務所ではいまだに現金回収しているようです。
でもドリームプラスではほぼ現金を扱うことはありません
勘定科目に現金という名称の勘定科目もありません。
どうやって???



売掛金の回収は
 ・自動振替(継続案件 : 全体のほぼ95%ぐらい)
 ・口座振込(相続・1回きりの案件 : 5%ぐらい)
 ・現金回収(ほぼなし)
という状況です。
現金回収した現金は回収額と同額を即日ATMに入金しています。
ですので仕訳的には
  普通預金 / 売掛金
という感じですね。

また経費精算は毎月一度だけまとめて精算申請し
給与に含めて口座振込で支払います。

こうすることで現金勘定を排除してきます。



ではなぜそうするのでしょうか?
 ・現金を管理する必要があり業務量が増える
 ・現金を扱うことで紛失するリスクがある
 ・社員(社長も含めて)が現金を扱うことで不正が起きるリスクがある




現金が手許にあるということは、それだけで横領する可能性を排除できないということです。
これは社員にとってとても迷惑、かつ、面倒なことです。



米国の犯罪学者であるD.R.クレッシーという人の理論に「不正のトライアングル」というのがあります。
「不正のトライアングル」理論では、不正行為は
  ・動機
  ・機会
  ・正当化
という3つの要素がそろったときに実行される
ようです。



不正ができないように【機会】を出来る限り排除する必要があります。
そのためには
 ・現金は出来る限り扱わない
 ・複数人でダブルチェックする
 ・現実の現金と理論的な帳簿上の残高を毎日一致させる

ということが大切です。



これは社員を信頼していないからではなく
社員が本質的な業務に安心して注力できるようにするためです。
だって現金なくなったって疑われたら社員も嫌でしょう。。。



現金管理を社員にさせるのは会社を守るためであると同時に
かわいい社員を守るということです。
その視点から現金管理のプロセスを仕組みづくりをして下さい。




【文責 : 梅川 大輔】
はじめまして


税理士法人ドリームプラスの大谷 紘一(おおたに こういち)と申します。




ドリームプラスに入社してまだ1ヶ月の新入社員です。


ドリームプラスに入社する前は


芸能関係のお仕事をしておりました(5年ほどで挫折しましたが 笑)




また、なんでそんな人間が全く畑の違う税理士業界を選んだかというと


世の中のお金の流れが、少しでも勉強できたらいいなあなんて


軽い気持ちで入ったんですが、いやあ正直なめてましたね。


覚えることは多いですし、内容も難しいです。


まあでも大変ですけど、日々色んなことを勉強できますし


事務所の雰囲気も良いので、ドリームプラスに入社して良かったと思います。




なので私のブログを読んで少しでもドリームプラスに興味持たれた方、


ドリームプラスは現在、積極的に従業員を募集しております。


特に事務所経験者の方は大歓迎です。皆さんのご応募お待ちしております。




なんか途中から自己紹介というより事務所の宣伝みたいな感じになってしまいましたが


今回はこのあたりで失礼させていただきます。


今後ともよろしくお願い致します。




【文責 : 大谷 紘一】


















こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。



季節の変わり目で、昼は暑いですが朝晩は冷える時期ですね。

3歳と7か月の二人の子供たちが高熱を出してしまいました。


7か月の子は初めての高熱でした。

妻は落ち着いて「突発性発疹かなぁ?」と対処していました。

※突発性発疹
赤ちゃんが高熱を出して、3.4日の発熱の後に発疹が現れる感染症。
生後6か月~1歳の間に発症しやすいそうです。
(参考:【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報)
http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/867
予測ができていると、落ち着いて対処ができます。

既に一人目の子で「突発性発疹」を経験し、知識にしていました。

二人目の子は落ち着いてたどころか、

「やっと来たか」と待ち望んでいたかのような様子(笑)



経験があると、予測ができる。

予測ができると、対処ができる。



普段の生活の中でも、

仕事にも通じるところがあるように思えた季節の変わり目でした。


【文責 : 楠橋 歩】

こんにちは。

今週は藤本が担当いたします。
最近は涼しくなってきましたね。

皆様台風の影響は大丈夫でしたか。
今年は直撃の台風が多いですね。


さて、今回はイベントの案内です。
現在、枚方市駅周辺で枚方オクトーバーフェスト2017が開催されています。

http://www.okt-fest.jp/okt-hrkt2017.html



私は開催日初日にお邪魔してきました。

去年も参加させていただきましたが
お祭りっていいですね。
その場にいるだけで楽しくなりますね(^^♪

ビールのお好きな方はぜひ参加してくださいね。

9/24(日曜日)まで開催されていますので。



それでは、今日はこの辺で失礼いたします。



【文責:藤本】
そろそろ暑さも一段落して、過ごしやすい季節になりましたね。
秋は食べ物の美味しい季節・運動会etcのイベントの多い季節
そして2シーズン目のBリーグの開幕の季節です。



前々回は経費には固定費と変動費があるということを確認しました。
 変動費と固定費を前回のBlogで確認するにはここをクリック

前回は変動損益計算書と損益分岐点について確認しました。
 変動損益計算書と損益分岐点を前々回のBlogで確認するにはここをクリック



では現実問題として
  損益分岐点をクリアできれば利益が出るか?
というと実は損益分岐点をクリアしても赤字の場合があります。
それはなぜ???というのが今回のテーマです。



■売上目標が優先されて、利益率が悪くなる

■拡大しようとして管理工数が大きくなってしまう




■売上目標が優先されて、利益率が悪くなる

中小企業ではどうしても取引金額が大きくなると
利益率が悪化する
ことよくあります。
  売上 100  利益 10
  売上 200  利益 18
  売上 300  利益 15

「この仕事をとるためには利益率が低くなるのは仕方ないんだよ~」
その通りだと思います。



ただ損益分岐点の計算では粗利率が同じという前提で計算している以上
利益率が低くなれば必要な売上がもっと必要ということです。
→ 「損益分岐点売上高分析表」としては売上高の角度が低くなるということです。
→ 損益分岐点売上高分析表を確認するにはここをクリック



なので
  損益分岐点売上を達成した~
  あれっ なんで赤字???
ということになりかねません。



中小企業としては売上も重要なのですが
粗利額(率より額)
をよく注意して欲しいと思います。
損益分岐点売上高とともに損益分岐点粗利額(という言葉は一般的にはないですが)
に注目して欲しいと思います。



■拡大しようとして管理工数が大きくなってしまう

売上があがると作業工数が増加します。
大企業であればIT化されているので
  売上 100  工数 100
  売上 200  工数 180
  売上 300  工数 150
みたいに工数が低減していくことができます。



逆に中小企業ではIT化されずにマンパワーに依存した人海戦術を駆使するので
  売上 100  工数 100
  売上 200  工数 210
  売上 300  工数 330
というように逓増するようになってしまいます。



人に依存するのはいいこともあるのですが
仕組み化されていないと管理コストがどんどんかかっていってしまします。

人数が増えるとコミュニケーションパスやレビュー工数は
指数関数的に増加することになります。
ですので中間管理職にマネジメントスキルを求めたり
権限委譲することが重要になってくるです。



損益分岐点売上高を計算し、常に把握しておくことは重要ですが
自社の状況が変化することによって損益分岐点売上高も変わってきます。
やはり毎月自社の状況を会計的に把握する仕組みがとても重要です。
仕組みづくりのご相談はドリームプラスまでお気軽にお問い合わせ下さい。



【文責 : 梅川 大輔】
こんにちは。

税理士法人ドリームプラスの雑賀 崇浩(さいが たかひろ)です。



弊社のブログが本格的に始まってから2年近くが経ちましたが
私が担当するのは今回が最後となります。

私が担当しているお客様にはお伝えさせていただいておりますが、
9月8日を以ちまして、ドリームプラスを退職することとなりました。


失敗もたくさんしてしまいましたが、
たくさんのお客様や提携企業様そして梅川をはじめとする弊社の社員に助けられ
なんとかやってこられました。

皆様には本当に感謝しております。


「なにがあったん?」
「どうしたん?」
とストレートに聞いてこられる方

聞いてはいけないことかな?と気を回して頂ける方

いろんな反応がありましたが、
決して聞かれては困るような事はないです(笑)


私は税理士を目指して勉強をしてきましたが、
能力のなさ・年齢・やる気いろんな意味で
勉強をする事、合格を目指す事が厳しくなってきました。

これまでの経験を活かしつつステップアップしていけるように
自分なりに考えて別の道を選ぶことにしました。

お客様にはご迷惑が掛からないようにしっかりと引継ぎをしております。
まだキャリアの浅い担当者に代わるお客様には、
少しだけ暖かい目で見ていただけると幸いです。


弊社には梅川・小山・藤本という3名の税理士がおります。
税理士という難関試験を突破した非常に優秀な方たちです。

これからも困ったことがあればなんなりとご相談ください。
3名の税理士を中心に、なんでもご相談に対応できるようにしています。

これからも税理士法人ドリームプラスを宜しくお願い致します。


皆さま本当にありがとうございました。



【文責 : 雑賀 崇浩】
こんにちは

税理士法人ドリームプラスの楠橋 歩(くすはし あゆむ)と申します。


生後半年のハーフバースディを迎えた下の子が

ずりばい・ひじばいで手やひじの皮が剥けているなぁと思ってはいたのですが、

半年で高ばいの境地にまでたどり着いていて驚いています。


高ばいをするのは大抵、8カ月程度のようですが、

半年は早すぎるんじゃないか・・・

親離れは早くないように祈っている楠橋です。




さてさて、夏も終わりに差し掛かったと思っていてもまだまだ厚い日は続いています。

脱水症状になりかねないので、しっかりと正しい水分補給をしないといけません。





ご存知でしょうか?



コーヒーは水分補給になりません。

夏のアイスコーヒーが好きな楠橋にはつらい現実です。

カフェインの利尿作用によって飲んだ以上に水分が出て行ってしまう為、補給しにくいのです。



コーヒーは有名かもしれませんが、紅茶やアルコール、栄養ドリンクも。

緑茶やウーロン茶にもカフェインが含まれているものも多いので気をつけないといけません。

まだまだ暑い日は続いていますが、しっかりと水分補給をして夏を乗り切りましょう。

【文責 : 楠橋 歩】

こんにちは。

今週は藤本が担当いたします。

最近は涼しく感じることが多かったのですが
ここ数日また暑くなってますね。

体調にはお気をつけください。


さて、今回はダイエットネタです。


健康診断の結果を胃腸外科の先生に
見せてから早くも半年・・・

5キロやせてから来てくださいといわれていました。

まだいけていません(^0^;)

体重ってなかなか減らないですね。

毎日決めていることは

①体重計に乗る(いつも同じ重さです(笑))
②20分以上歩く
③シックスパッドを毎日使用
 ↑雑賀の影響を受け購入しました
④大同生命提供の健康サポートプログラムによる
 カロリー管理

 https://kenco-support.jp/org/ksp/index.jsp
 (ご興味をお持ちの方はお問い合わせのほどよろしくお願い申し上げます。)



以前お客様のお店に訪問させて頂いた際に
こんな記載を発見しました。




お店情報
https://we-love.net/f0010/

なんと、スンドゥブに含まれるカプサイシンが
体を燃やすと・・・


食、運動、意識で
年末には病院に行けるよう
尽力いたします。

藤本が丸くなったと
感じられた社長がおられましたら
藤本を叱ってください(^^♪

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。



【文責:藤本】
毎日暑くてとろけそうです。
寒いより熱い方が得意なのですが、この天気が後1ヶ月続けば
本当にとけてしまうのではないかと心配している梅川です。



前回は経費には固定費と変動費があるということを確認しました。
 変動費と固定費を前回のBlogで確認するにはここをクリック



では固定費と変動費を分けてなにがうれしいでしょうか?
実は固定費と変動費を区別することで、変動損益計算書というものが作成できます。



【通常の損益計算書】





【変動損益計算書】





通常の損益計算書では売上がいくら増えると
利益がいくら増えるかという計算ができません。
いくら売れば利益がゼロになるかも把握できません。
 → 利益がゼロになる売上高のことを「損益分岐点売上高」といいます。



実際にはこんな表になります。
なんかお勉強っぽいですね。



【損益分岐点売上高分析表】




具体的に見ていきましょう。
ちょっとだけ難しいです。



損益分岐点売上高は利益ゼロですから
   売上 - 変動費 = 固定費
ということになります。

変動損益計算書を使えば売上に対する変動費の割合
(変動費率)が分かるので
   必要な売上 = 固定費 / (1 - 変動費率)
   7,500 = 3,000 / 40%(1 - 6,000/10,000)

となります。



ちょっと検算してみましょう。
  利益ゼロ = 売上高 - 変動費 - 固定費
  利益ゼロ = 7,500 - 7,500 × 60% -3,000

となります。



経営者はこの損益分岐点売上高を把握するのがとても重要です。
これさえわかれば
 ・利益ゼロにするためにはあといくら売上が必要か?
 ・借入金を返済するためにはいくらの年間売上が必要か?
 ・固定費をいくら削減すればいくら売上が少なくてもいいか?
 ・変動費率をいくら改善すれば、利益がいくら増えるか?
 ・売上増と変動費率の改善とどっちに注力すべきか?
    ・
    ・
    ・

こういったことがすべて分かるようになります。


これが分かれば何を頑張れば一番効果があるかを識別して
それを実行するだけです。
(といっても実行するだけが一番大変なのですが。。。)

闇雲に社員にがんばれ!がんばれ!というより
会社の方針を決めて、どう行動すればいいかを説明することが重要です。



またちゃんとした数値が出てくれば他の会社と比較して
どの数値が多いのか、少ないのかも検討することが出来ます。
会社として多くすべきなのか、それとも絞るべきなのか
多いからと言って悪いわけではなく、会社方針と一致しているかどうかか重要です。


こんなの難しい~と感じるかもしれないですが、大丈夫です。
最近の会計ソフトには固定費と変動費を識別する機能があります。
ということは自動的に固定費と変動費を集計してくれますし
損益分岐点売上を計算することもできます。
また期中では期末までの予測売上を入力すれば決算の着地点も計算できます。



是非会計を使って会社を強くして下さい。
会計での悩み事・ご相談はドリームプラスまでお気軽にご相談ください。



【文責 : 梅川 大輔】
こんにちは。

税理士法人ドリームプラスの雑賀 崇浩(さいが たかひろ)です。



8月ですね。
8月と言えば花火大会。

先週、大阪ではPL花火芸術・なにわ淀川花火大会と
大きな花火大会が開催されました。

と言っても、大人になってからは暑さに耐えられず
なかなか行かなくなってしまいました。



それでも以前から1度は行ってみたいと思っている花火大会があります。


新潟の長岡花火



毎年8月2日、3日の二日間で行われるそうです。

最近ではメディアで取り上げられることも増え、
今年は両日ともBSでテレビ中継されていました。

私も2日の番組を見て、絶対行くぞ!と決意したものの


遠い・・・
しかも2日、3日となると、来年も平日・・・


再来年は金土。

2年後を楽しみにしておこう。


友人が今年見に行ったそうで、SNSに載せていた写真を拝借しました。





【文責 : 雑賀 崇浩】